ROLD SKOV
21aw COLLECTION DELIVERY


・白川の話

こんにちは!
Amanojak.の白川です。

早いもので10月に入りましたね!

まだまだ暑い日がちらほらとありますが、
金木犀の香りを感じ、

何かあったわけではないのに
郷愁的な気分にさせられてしまうのは、
この時期ならではですね。

食欲の秋、芸術の秋、
読書の秋、スポーツの秋と
この時期は様々な楽しみがありますが、

このブログをご覧になっている方はきっと、
夏に買ったAWアイテムが
やっと着られると
ウキウキしているはずかと!

まだ揃えていないという方も
ご安心ください。

まだまだ、
ニューアイテムが入荷してきていて、
北千住店と千駄木店どちらも
AWの新作に溢れかえっているので、
是非遊びに来ていただけたらと思います。

さて、まだまだ入荷が続いておりますが、
ROLD SKOVからもつい先日、
AWの新作が入ってきましたよ!

ということで、
本日はROLD SKOV 21AWをご紹介。

・ROLD SKOVについて


ROLD SKOV(ロードスコフ)
-BRAND PAGE-

フランチェスコ・ロッシーニにより
2016年に設立されたイタリアの
コンテンポラリーメンズウェアブランド、
ROLD SKOV

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-BRAND PAGE-

イタリア北部で
少数精鋭で自分たちの
拘りを持ったデイリーウェアだけを
生産し続けています。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

マテリアルにはイタリア製のものを
使用し、

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

更に加工と縫製もイタリア国内で
行うなど、

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

生産背景のクオリティーも
非常に高いのです。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

デザインとしては、
リラックスとしていながらも、
どこか大人の余裕を感じさせる、
デイリーウェアな面に重きを置いた
アイテムたちが特徴。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

デイリーウェアではありますが、
加工技術に高い評価のある同ブランドらしく、
普通になり過ぎてしまうことがなく、
一味も二味も違う一品となるので、

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-BRAND PAGE-

スタイリングに落とし込んだ時に
良い意味でいつもとは違う感覚を
楽しんでいただける
ブランドなのではないかと!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-BRAND PAGE-

僕個人がROLD SKOVを
好きなポイントとしては、
良い意味で気負わずラフに
合わせやすいけども、
しっかりとスタイリングが
成立してしまうというところ。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

例えば、カットソーの上から
ラフにサラッと羽織れるような
アイテムが個人的に大好きなのですが、
普通過ぎてしまうのも何だか物足りない…

でも、ROLD SKOVのアイテムは
生地や色や柄の使い方がとても巧みで、
スタイリングに彩りを与えてくれる、
イタリアのブランドらしいところは
しっかりと活かされていながら、

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

普段のスタイルに落とし込みやすい
こなれた加工やデザイン性で、
主張性と馴染みやすさのバランス感が
魅力なのではないかと僕は思います。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-


・21AW “SNAKEBITE”


そんな魅力のある、ROLD SKOVですが、
21AWシーズンのテーマは、
“SNAKEBITE”

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

新型コロナウイルスのパンデミックという、
世界規模の歴史的な瞬間に
立ち会っている現在ですが、

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

この現在の状況が、過去となり、
より良い未来へと向かいたいという
気持ちが、心理学では
ヘビに噛まれる夢になって、
表現されることから、
今シーズンのテーマに。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

デザイナーである、
フランチェスコ・ロッシーニにとってヘビは、
ウェスタンな世界観を思い描くシンボルとして
捉えられている影響からか、
今シーズンのアイテムの特徴は、
カウボーイライクとなっています。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

とは言っても、
土臭い部分は排除し、
架空の都会的なカウボーイを
思い描いたものとなり、

デイリーウェアでありながら
一味も二味も違う
デザインを得意とするブランドらしさが
存分に活かされたコレクションに。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

デザイナーのそんな思いが込められた、
今シーズンのテーマとデザインの特徴ですが、
そんなアイテムたちをざっとご紹介!

まずは、AWシーズンと言ったら、
楽しみなのがやっぱりコート!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

ROLD SKOVからは
1アイテムのみなのですが、
こちらは僕が展示会で着た時に
グッと惹かれた一品で
個人的にもオススメです!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

柔らかで軽く、
光沢感に富んだ化繊系の生地ですが、
シワ感を生み出して、
更に縦にファーのような
ニードルパンチを施したコートなのですが、
これが雰囲気抜群。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

カジュアルに馴染みやすいような
味わい深さが肝なのですが、
いなたさや野暮ったさを感じないのは、
ROLD SKOVならではのデザインの手腕。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

架空のメトロポリタンカウボーイに
触発された、
今シーズンらしさが
滲み出ているのではないかと!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

着心地も軽く、
デイリーに着やすいところも
しっかりとありますし、
ウール系のコートはもうあるしな…という方に
試していただきたいです。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

ニットもAWシーズンでは
楽しみなジャンル!

このニットがとにかく可愛らしくて、
写真を見ただけでも
惹かれてしまうのではないかと!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

ゆるっとした
サイズ感とニットのブークレ感に
緩めのモックネックのデザインが、
とてもナイスじゃないですか?

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

緩めのニットは数あれど、
モックネックに短めの着丈がポイントで
中々ありそうでないところかと。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

ニットの糸の色も様々に入り混じり、
更にブークレの質感で奥深さがありながら、
重量がすごく軽いことも
ポイントのひとつです。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

一枚でもコートのインナーとしてもと、
ついつい手が伸びてしまうニットは手に入れて
おきたいですね!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

ウェスタンライクなデザイン性が
今シーズンの特徴ですが、
それらしさがしっかりと出ているのが、
ストライプ柄のアイテムたち。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

どこか懐かしさを感じるストライプですが、
不思議と既視感を感じさせない色味と配色は
イタリアのブランドらしさがしっかりと
出ているのではないかと。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

更にデイリーウェアな
デザイン性を得意とする
ブランドらしく、
色使いにいやらしさがないですし、
サイズ感はどれも癖のないシルエットで
普段のスタイルにすんなりと取り入れられるのは
何とも魅力的ですね!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

ストライプ系も雰囲気抜群で
見逃せませんよ!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

トラッカージャケットや
ウェスタンシャツも
ストレートにウェスタンライクなのですが、
今らしさがしっかりと活かされています。

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

トラッカージャケットは、
厚手のフランネルのような素材に
シンセティックレザーの
組み合わせで現代的に
仕上げてあり、

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-ITEM PAGE-

ウェスタンシャツは、
ブラックにレッドのステッチが
綺麗に映えますし、
古めかしさを感じさせずに、
この辺りも注目どころ!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-BRNAD PAGE-

ストライプシャツにウェスタンシャツと
デイリーに落とし込みやすくも、
ちゃんとスタイリングが様になるのですが、

もっと目立ったアイテムがお好きな方には、
鮮やかなレッドが目を惹く、
レースシャツがおすすめ!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-BRAND PAGE-

潔いまでに鮮烈なレッドに
きらっと光る糸が混ざった、
レース素材のシャツは
この機会だからこそな
一着なのではないかと!

ROLD SKOV(ロードスコフ)
-BRAND PAGE-

展示会の時に、
「これいけるのかな…」
という気持ちで
着てみたのですが、
あれ?意外といける!かっこいい!!!
となったので、
見た目で食わず嫌いをせずに
是非とも試していただきたいです!

さて、今シーズンのROLD SKOVのアイテムを
ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

“SNAKEBITES”というテーマ性の下、
ウェスタンライクなデザインが特徴的ですが、

癖が強すぎずにもしっかりと主張してくれる、
ROLD SKOVの強みがしっかりと出た、
コレクションなのではないかと思います!

秋冬はスタイリングが単調になりがちで、
色味も重くなってしまいますが、

生地や色の使い方がとても上手いので、
どのアイテムも彩りを
しっかりと与えてくれるはず。

今からすぐに着られるアイテムもありますので、
是非ともオンラインストアと千駄木店にて
ご覧いただけたらと思います!

それでは!


-STYLE SAMPLE-
ROLD SKOV(ロードスコフ)
TOPS:【ROLD SKOV】 NEW WEST ジャケット \62,700円(税込)
BOTTOMS:【Edward Crutchley】 “TEXTURED TWILL” ハイウエストトラウザー \96,800円(税込)
SHOES:【CALMANTHOLOGY】 8_010 STUDS V.CUT \110,000円(税込)
-BLAND PAGE-