MASU(エムエーエスユー)
22ss COLLECTION DELIVERY

こんにちは!
Amanojak.大津です。

皆さん明けまして
おめでとうございます(^^)

本年もAmanojak.を
宜しくお願い致します!

今年の年末年始は、
福袋が大盛況で、
嬉しい悲鳴を上げおりました。笑

届いた皆様からも
満足のお声をいただき、

Amanojak.毎年末恒例の
大盛り上がりの企画となり、
僕らもとても嬉しいです(^^)

まだご購入したことがない方も
気が早いですが2022年の年末、

運試しとして、
是非チャレンジしてみては
いかがでしょうか(^^)


さてさて、
2022年に突入しまして、
様々なブランドが立ち上がり
始めてきております(^^)

【北千住店】
RICK OWENS
SONG FOR THE MUTE
MAISON MARGIELA
MARNI
FENG CHEN WANG
MASU
TAAKK
WEWILL

【千駄木店】
MM6
08SIRCUS
TOGA VIRILIS
ATON
BATONER
AND YELLOW
ATHA
N.INSTINCT
GARDEN OF EDEN
HENDER SCHEME
KIJIMA TAKAYUKI

続々と入荷が続き、
店内も新シーズンの香りを
感じるようになってきました!

今シーズンのゾクゾクする新作を見に
お時間を見つけて、
店頭に遊びにいらしてください(^^)

今年もAmanojak.らしく、
皆さんにワクワクしてもらえるような
買い付けを行っておりますので、
是非お楽しみに!!

では、
新年の一発目のブログは、

近年ファッション感度の高い層から
高い支持を得ている、
こちらの気鋭のブランドを紹介(^^)

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

MASU
(エム エー エス ユー)

型の決まった服の
パターンやデザインの
長所と短所を独自の解釈で考察し、

その型や伝統を尊重しながら、
現代の空気を纏わせることを得意とする
日本のデザイナーズブランド。

MASU,エムエーエスユー

ブランド名の由来は、
日本語の敬語に使用される
「~ます」から取られ、

日常で最も多く使用されながら
その価値を無くさない
「ます」という言葉のように、

洋服が好きな人達にとって、
価値が無くならないアイテムや
スタイルの提案を行いたい、
という想いを込めて
名付けられています。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

コンセプトは、
「マス/プロダクト(MASU / PRODUCT)」。

オーセンティックなアイテムや
定番などの明確な固定概念のある要素を
再定義することで生まれる
唯一無二のアイテムを生産しています。

設立時は、
ブランド名の意味に合わせて
「マス(MASU)」という
ブランド名でしたが、

2018-19年秋冬コレクションから
「エム エー エス ユー(M A S U)」に改名をし、
リブランディングに伴い、

デザイナーに、
文化服装学院を卒業後LAILAに入社し
「セブン バイ セブン(SEVEN BY SEVEN)」の
立ち上げメンバーとして
企画・生産に携わった
デザイナー後藤愼平氏を起用。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

設立当初のコンセプトを
引き継ぎながら、
ヴィンテージ“愛”の強い
デザイナー後藤氏らしい、

不変の要素を
新たに現代的に落とし込んだ
独創的でありながら
心地の良いアイテムを提案してます。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

後藤氏は学生時代に、
ヴィンテージショップで出会った
マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)の
クリエイションに感銘を受け、

まるで製品になる前の
未完成状態のような服や、
人形用の服を人間サイズに
拡大したものなど、

“学校の正解”にはない
独創的なデザインが多いマルジェラから
自身のクリエイションの
核となるものを形成されていったと
話されています。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

余談ですが、

とあるデザイナーの方が
おっしゃっていましたが、

現在世に出ている
デザイナーのほとんどは、
マルタン・マルジェラの影響を
強く受けていて、

デザイナー自身が意識していなくとも
そのソースは実はマルジェラということが
デザイナー界では起きているとか。

マルジェラの偉大さには、
常日頃から驚かされてばかり。。。

Amanojak.でも
毎シーズン人気が上がり続けているのも
納得できます(^^)

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

マルジェラのことはさておき、

“時代に迎合した服作りをしても、
自分にずっと嘘をつき続けることになる。“

“であれば例え受け入れられなくても、
自分が積み重ねてきたもの
考え続けてきたものに賭けたい。“

と、自身の独創的なクリエイションを
大切にデザインしながら
MASUらしい丁寧なモノ作りを
行いたいとパーパスを語る
若手筆頭株の後藤デザイナー。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

そんなMASUが
今期提案するコレクションは
2021年7月31日(土)
東京・寺田倉庫でショーを行い、

“silver lining in the cloud”

とテーマを名付け、
コレクションを発表しました。

コレクションテーマの意味は、
雲の向こう側から太陽の光が差す様子を
「希望の兆し」に例えた
英語圏のことわざをテーマに、

未来への希望を抱きにくく、
モヤがかかったような今の時代を
打破したいというデザイナーの想いを
コレクション全体で具現化したものです。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

ショー演出は、
前シーズン「codes」に引き続き、

クリエイティブ集団、
ペリメトロン(PERIMETRON)に所属する
佐々木集氏が手掛けた。

この集団は、
King Gnu、millennium parade
のメンバーである常田大希氏が主宰する
クリエイティブチームで、

現在気鋭の集団としても
注目を浴びています。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

彼らとタッグを組んで
制作した今回のショーは、

星形のオブジェクトと
スモークで演出されたショー会場で、

パンク・スタイルの
ローファイロックバンド
「ウォーター(Waater)」の生演奏の中、
コレクションを披露。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

後藤デザイナーは、

誰しも幼少期には
『自分はスターだ』という気持ちを
持っていたと思う。

しかし大人になるにつれて
角が削られてしまい、
気がついたら丸くなってしまう。

ただそれを再び削り出して、
小さくてもいいので星形にする行為が
大事ではないか。という考えから、

会場に設置されたオブジェクトや
コレクションの洋服に
星のモチーフを採用しています。

後藤デザイナーらしい
クリエイションから生み出された
独創性溢れるデザインアプローチに
是非注目していただきたい(^^)

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

そして、
今回のコレクションを制作するにあたって
デザイナー自身が向き合ったのは、

「自分自身がもっとも未来を
楽しみにしていたのはいつだっただろうか?」
という自問自答。

その答えは、
“1970年代のファッションカルチャーに
無我夢中だった少年の頃”だそうで、

きらめくステージに立ち、
熱狂する観客を魅了する、
スターとなった自分の姿を妄想し
心躍る未来を想像していた。

そんな記憶をたどり、
70年代ディテールワークを中心に
ロック調、星柄を
アイテムに落とし込んでいます。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

まさに入荷してきた
ドリームカッティングレザーベストは、
自由な発想がもたらす
エネルギーの重要性を表した1着。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

70年代のアートを彷彿とさせる
ドリーミーな柄をレーザーカットで表現し、

正確に切り抜かれた柄は、
手作業のそれとは異なるモダンな印象に
昇華された柄となっています。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

さらに特徴的な
背中に大胆に配されたフリンジは、

70年代やロックテイストを
MASUらしくうまく融合した
オリジナリティ溢れるディテールワークで、

主役としてはもちろん、
インナーとして着用した際にも
アウターの裾からフリンジが覗くなど、
装いを豊かにしてくれます(^^)

フロントに配されたジップには
"旧式の男性像を葬り去ろう"という
ブランドの根幹にあるメッセージが
込められた一着となっています。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

ベストと同素材のスウェードで作られた
ボックスシルエットのレザージャケットは、
裾や袖にレーザーカットによるスカラップや、
パンチング風の装飾を施し、

いわゆる男くさい
レザージャケットのイメージを払拭する
アンニュイな立ち位置の一着に。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

裏地も無くソリッドな仕様は
長いシーズンでお楽しんでいただけ、
長時間羽織っていても疲れ知らず(^^)

女性でも来ていただきやすい
レザージャケットに仕上がっています!

ラペルに見え隠れするクローバースタッズや、
クロス型のジップなど
ブランドを象徴するディテールが
随所に散りばめられた作りとなっています。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

続きましては、
MASUの1stデリバリーの中でも
大変好評いただいている
こちらのカーディガン。

シーズンらしいカラーパレットを
糸のかすり染めによって表現した
特殊ニッティングで、

糸をチューブ状に編むことによって
更に太い糸を形成したリリヤーンという、
膨らみのある糸を使用。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

ずしっとしたボリューム感と、
ルーズなシルエットが特徴的で、
色味も相まってリラックスした
印象を与えてくれます。

カーディガン旋風が
巻き起こっていると噂の昨今、
このカーディガンも即完売の予感が…。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

そして、最後は、
ファッショニスタ注目の
メタリックイージーパンツ!

リネンのヘリンボーンという
至極ベーシックな素材に対して
メタリックな箔をプリントした生地。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

大胆な発想を源流に、
そこへ確かな技術とセンスを持って
新しい時代を切り開こうとする
MASUの姿勢が伺える1本。

シルエットはかなり太い
ワイドシルエットで、
ウェストはイージーパンツ仕様。

近未来的な攻めのシルバーながら
あくまでも日常的に着用して頂けるように
デザインを仕上げたボトムス。

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

MASUのアイテムは
独自性が一点一点から強く感じられ、

ドメスティックブランドでは珍しく、
デザイナーの想いが色濃く反映された
素晴らしいコレクションとなっています(^^)

MASU,エムエーエスユー
-ITEM PAGE-

今後のMASUの入荷は、

・STARDUST DENIM SHIRTS
・STARDUST DENIM PANTS
・HALF SLEEVE COTTON JACKET
・OPTICAL TRACK PANTS
・STAR JACQUARD FLARE PANTS
・COTTON WIDE TROUSERS
・WINDMILL DENIM HAT

が予定となっております(^^)

MASUを楽しみに
お待ちいただいている皆様、
今後の入荷も是非お楽しみに!

では、
今後のブログでまたお会いしましょう(^^)


-BRAND PAGE-