MARNIのすすめ

こんにちは!
小山です。

皆さんは、好きなブランドとかってありますか?

最近は、
特定のブランドばかりを買う方は、少なくなって、

いろんなお店に行って、
気になったものがあれば、買う。
なんて方が多いみたいです。


かくいう僕も同様なのですが、
ふとクローゼットを見てみると

意外とこのブランド多いなー!
みたいなことがあります。

それが僕にとってマルニでした。

決して安くはないブランドなので、
買ったアイテムには、
それぞれもちろん思い入れはあるのですが、

いつの間にこんなに。。。

みたいなことは、皆さんも何かしらで経験あるかと思います。
そんな感じです。

ということで今日は、
そんな個人的にすごく大好きなブランド
MARNIについて書いていきたいと思います。

コーデ1画像
MARNIと言えば、
2016年からデザイナーが、フランチェスコ・リッソに変わったので、
それ以前と、それ以降で多少好き嫌いはあるかと思うのですが、

一貫して素敵だなーと思うところは、
シルエットです。

コーデ1画像
マルニは肩から袖にかけてのラインが 非常にきれいなアイテムが多く、

ストンと構築的に伸びた アームラインが特長かなと思ってます。

上品で洗練された印象を見せるのに、
この腕のラインというのが一役買ってますよね。


次に挙げたいところは、
やはりデザインでしょうか。

海外のデザイナーズブランドの多くは、
かっこいいデザインは多いものの、
日常的に誰もが手を取れる感じは少ないかと思います。

しかしながらMARNIは、
ショーピースはさておき、

コーデ1画像
日常着としても成立しやすい
雰囲気のアイテムが多いかなと。

マルジェラなんかもわりとそうですけどね。

その分、手持ちの他のブランドとの
コーディネートも相性良く

いつものスタイリングを
すこし洗練し、昇華させてくれる感じに
仕上げてくれる気がします。

意外と何にでも合うんですよね。


最後にクオリティのお話。

正直、デザイナーズブランドや
ラグジュアリーブランドに関して、
プライスに対してのクオリティに
疑問を持たれている方もいなくはないと思います。

でも、実際のところ、
暴利ではないかなとは思います。
(ブランドによるのだろうけど。。。)

MARNIは、基本的にイタリアの生産背景を持っているし、
使っているファブリック、生地も素晴らしいものが多いと思います。

たしかにファブリックの良さ、
生地の良さだけを考えれば、
もっと安く買えるブランドはあるだろうけど、

モノが良いってだけだったら、
ぶっちゃけいくらでもありますしね。。。

高品質を謳うブランドにも劣らない
最高級の素材使いに、
ブランドのアイデンティティ、歴史がつまった
素晴らしいデザイン、パターン。

その双方を満たすが故の
プライスにはなりますよね。


さて、
いよいよまとまらなくなってきましたが、(笑)

コーデ1画像

結局のところ、
うちのお店のラインナップでは、
最上級価格のブランドであるMARNI。

他のブランドと比べると、
1着の値段として、許容できない方も
いらっしゃると思います。

でも、こういうブランドって、
一度飛び込んでみるものかなと思います。

この価格帯で何十年も愛され続けているという理由を、
きっと感じていただけると思ってます。

僕も昔は、割高に感じて手を出していなかったですが、
今は、クローゼットで一番MARNIが多いですから(笑)

その良さを味わっていただきたいです。

中古で買う方も多いのかもしれませんが、
中古ではわからない部分も正直多いです。

できれば、
高いものを買う高揚感も一緒に味わってほしいです。


まだ1着も持っていない方は、
ぜひMARNI、挑戦してみてください(^^)
またファッションが少し変わると思います。

それでは。

-STYLE SAMPLE-
コーデ1画像
TOPS:MARNI-V-NECK KNIT \94,000-
TOPS:MARNI-CHAIR PRINT SHIRTS \72,000-
BOTTOMS:MARNI-WOOL BAKER PANTS \84,000-
SHOES:MARNI-MOUNTAIN SNEAKER \78,000-
-BRAND PAGE-

コーデ1画像
OUTER:MARNI-REVERSIBLE 3BUTTON JACKET \203,000-
TOPS:MARNI-STRIPE HOODED SHIRTS \85,000-
BOTTOMS:MARNI-EASY PANTS FLAT WOOL \64,000-
-BRAND PAGE-