STONE ISLAND 22ss DELIVERY


・大津の話

こんにちは!
Amanojak.大津です。

GWのポップアップに
お越しいただきました皆様、
誠にありがとうございます(^^)

10日間のイベントも
連日大盛況で、
Amanojak.の立ち上げから
最も賑わったGWとなりました!

CALMANTHOLOGYも
びっくりするほどの足数が売れ、
TシャツやWEWILLのアイテムも
物凄いスピード感で旅立っていき、、、

Amanojak.別注で作成したアイテムも
即完売で僕らも驚いています(^^)

ご購入いただきました皆様、
ありがとうございます!!

大盛り上がりのイベントも終わり、
一息つけるかな、、、と思いきや、

様々なブランドの
新入荷ラストスパートが続いております(^^)

ここに来て、
僕の推しブランドでもある
-STONE ISLAND-も勢いを増して入荷したり、

マルジェラやマルニからも
続々と新作が届いています(^^)

また、
昨日情報公開されましたが、
週末には-POLYPLOID-の
TEMPORARY STOREも千駄木店にて
開催されます(^^)

ブランドの世界観を反映させた
インスタレーションも行い、

展示会さながらの-体験-を
皆さんにお届けする機会を設けていますので、
是非お時間を見つけて
お越しくださいませ!

さてさて、
そろそろ本題のブログに入りまして(^^)

今日はタイトルの通り、
STONE ISLANDについて!

【研究】、【素材】、【加工】の視点から
色々と語らせていただきます。

・STONE ISLANDについて


STONE ISLAND,ストーンアイランド
-BRAND PAGE-

STONE ISLAND(ストーンアイランド)は、
1982年に、イタリア人デザイナー、
マッシモ・オスティが設立した、
カジュアルファッションブランド。

革新的な技術を駆使しながら
独自のテキスタイル、
パターンニングに定評のある、

STONE ISLANDにしか出来ない
モノづくりのレベルを
体現しているブランドですね(^^)

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

スタイルは、
トラディショナルな
ミリタリーやスポーツを起源とし、

皆さんもご存じの通り、
歴史あるガーメントを
テクノロジーと掛け合わせることで、

他の追随を許さない
確固たる立ち位置を築いてきた
クリエイションが魅力。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

ブランドは1982年創業。

ちょうど今年で40周年を迎え、
その歴史はとても濃いものとなっています。

今回のブログでは
ブランドの歴史には触れませんが、

以前に、
小山がブログで詳しく解説をしているので、
そちらもご覧くださいませ~!

-ブランドヒストリーBLOG


とても分かりやすく、
そして深く説明していますので是非(^^)

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

今回のブログでは、
デリバリーアイテムでも採用している

【ガーメントダイ(Garment Dye)】
【アシッドカラー(Acid Color)】
【ナイロンメタル(Nylon Metal)】

について触れていきます。

どれもブランドの根底を担う
重要なファクターなので、
この機会に覚えておいてくだいませ(^^)

【ガーメントダイ(Garment Dye)】について

まずは、
【ガーメントダイ(Garment Dye)】
について。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

STONE ISLANDを定義する代名詞は
【研究】【実験】【機能性】への拘りです。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

繊維やテキスタイル関連の
最高峰の研究の象徴となることを目指し
革新的なデザインを取り入れ、

スポーツウェアの共通感覚を
独自の解釈によって
再定義を行っている彼ら。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

その中でも最も
ストロングポイントと挙げられるのは、
素晴らしい【染色技術】。

これが、
【ガーメントダイ】にあたります。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

スポーツウェア・カンパニーの
カラーラボで継続的に行われている
染色や加工の実験を通して実用化された、

縫製後に染色を加える
独特の仕上げ方式。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

通常は生地の段階で
染色を行っているアイテムが多い中、

製品後に行うことによって
染色や加工の自由度が増し、
新たな機能、デザインが加えられます。

しかも、
このガーメントダイを行っているので、
STONE ISLANDのアイテムは
ほとんど自宅で洗える仕様となっています(^^)

なんと、
秋冬にリリースされている
ダウンジャケットでさえも洗えるんですよね!!

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

特化した研究者たちによる
最先端のテクノロジーや経験を活かし、
その能力を結集させることによって、

これまでに60,000以上の異なる
染色配合を生み出してきたことも驚き。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

この技術を駆使し、
自社で応用を繰り返すことで、

現代のファッション業界における
革新的な機能や、様々な弱点を克服した
最高峰のテキスタイルを作り出しています(^^)

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

ストリートなイメージもありますが、
一度、新しい視点でSTONE ISLANDを
見ていただきたい。

真摯に研究やモノ作りに向き合い、
時代を牽引している
ある意味アルチザンなブランドなんですよ(^^)

【アシッドカラー(Acid Color)】について



2つ目は、
【アシッドカラー(Acid Color)】。
STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

前述の【ガーメントダイ】に
続く部分もありますが、

こちらは、
酸性染料を使用することで、
独特な斑色を表現したデザイン。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

ガーメントダイを行ったボディに
酸性の染色を施すとこで、
目を惹くカラーリングに施した
STONE ISLANDの十八番。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

一点一点
模様の現れ方が異なり、
二つとして同じデザインが無い
特別感も味わっていただけます(^^)

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

一般的には、
黄緑系の色で作られることが多い
【アシッドカラー】ですが、

STONE ISLANDは、
独自の染色配合によって
世の中では目にしないカラーパレットで、
このデザインを仕上げています。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

【ガーメントダイ】、
【アシッドカラー】どちらも、

定番のブラックカラー以外は、
そのシーズンにしか生産されない
シーズナルカラーで作られており、

テキスタイルに合う
最適解な配色から、
あえての真逆の色味で作り込んだ
完成度の高いカラーセンスが窺えます。

このクリエイションは
-研究-から生み出された
サイエンスアート。

-芸術作品-だと僕は思っています。

【ナイロンメタル(Nylon Metal)】について


そして、
最後は【ナイロンメタル(Nylon Metal)】。
STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

ブランドの
マスターファブリックと言える
【ナイロンメタル】生地ですが、

彼らの度重なる研究から生まれた
織地の中でも最も多彩なファブリックのひとつ。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

このメタリックに輝く要素は、
光沢感が強い、色付けした
ナイロン織糸による特別な構造によって
色のトーンが強調された拘りの作り。

製品後、
ダブル染色の工程を
丹念に行うことで、

一般的な色落ちなどの濃淡とは異なる
【ナイロンメタル】特有の
深みのある陰影が顔を出します。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

さらには、
染色の配合に
特殊な物質を加えることにより、
ウェアに撥水加工を施したものも!

色彩豊かなメタリックカラーだけでなく、
-機能美-までも抜かりなく
仕上げてくるところも脱帽です。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

近年の
【ナイロンメタル】品番の中には、

STONE ISLANDが
サステイナブルを意識し
研究、開発を行った
最新テキスタイル-ECONYL®- を
採用しているものもリリースしています!

今は入荷中のアイテムでいうと
ナイロンメタルパンツがそれにあたります(^^)

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

この-ECONYL®-素材は、
アイコニックな【ナイロンメタル】を
進化させたもので、

不要になった
プレコンシューマ(リサイクル生地)、
ポストコンシューマナイロン(リサイクル生地)を
複雑な解重合処理で再生することで、

従来の原材料を用いたナイロンと
同じ特性を実現しました。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

これもSTONE ISLANDの
研究者の熱意があってこそ
実現可能なクリエイションです!

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

洋服としての
表面的なカッコ良さだけでなく、

こういったコンテクストや
アティチュードが、

日々の研究の結晶として
様々なアイテムに散りばめられ、

僕はそのクリエイションに触れるたびに
ズルズルと沼へと引きずり落とされていく、、、

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-

きっとこの依存性は、
ブランドの歴史ある
バックボーンから放たれる、

男心を擽る機能美やオーラなんだと
思っている所存でございます。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-
Rick Owensも
めちゃくちゃ好きなんですが、
彼らも男心を鷲掴む”何か”ありますよね。

STONE ISLAND,ストーンアイランド
-ITEM PAGE-
つい昨日、
Rick Owensの新作も
オンラインストアにアップしたので、
ご覧ください(^^)

動きのはやいブランドですので、
検討中の方はお早めに^^

あと、
最近行っている
僕のインスタライブでも、

STONE ISLANDの新作や
MAISON MARGIELAの新作など
ライブ購入いただいております(^^)

ご購入いただきました皆様、
誠にありがとうございます!

今後も続けていきますので、
気軽にライブ中にコメントいただけますと
嬉しいです(^^)

では、
本日のブログはここらへんで!

またお会いしましょう(^^)