QASIMI 20SS 2nd DELIVERY

みなさん、こんにちは!

Amanojak.廣川です。


最近はテレビを付ければ
新型コロナウィルスの話ばかりですね…

自分もいつ感染するか分からないので
毎日、感染の動向が気になるのですが
一体、どうなっていくのでしょうね…?

今年の東京マラソンは
一般参加がなくなりましたし

今週末開催予定だった一般参賀も
無くなってしまいましたので
影響は計り知れないです。

せっかく
日本でオリンピックがある年なので
何とかうまく事態が
治まって欲しいと願うばかりです。


さて 西日本で雪が降ったりと
グッと冷え込む日もありますが
暖かい日もある所謂、三寒四温。

春の訪れも
本当にすぐそこな気がしています。

そんな春に向けて
洋服の準備もしっかりしていきましょう!

本日はこちらのデリバリー。

qasimi

イギリス、ロンドンを拠点とし
セント・マーチンズ出身の
Khalid Al Qasimi(ハリド・アル・カシミ)による
気鋭のコレクションブランド、QASIMI(カシミ)。

洋服としての機能美を追求する軸を持ちながら
建築、美術、社会情勢などから
インスピレーションを受けたコレクションは
今を生きている人を惹きつける魅力があります。

ブランドデザイナーであるカシミは、
アラブ首長国連邦(UAE)のシャルジャ出身。

幼少期にイギリスに渡り
ロンドン大学でフランス文学や建築学を学んだ後、
セント・マーチンズに入学。

カシミ自身のルーツともいえる中東の文化と
移り住んだヨーロッパにて彼のフィルターを通して
吸収された文化のエッセンスがミックスされた
どこかハイブリッド(中東と欧州)で
独特な香りがする独自のムードが
着る人のみならず、見る人も魅了します。

最高級のイタリアのファブリックを使用し
適材適所にて作られるアイテムのクオリティは抜群。

20SSシーズンは
中東の政治情勢の緊迫を背景に
都市遊牧民と理想郷の未来をデザインソースに
コレクションは構成されています。


本日はそんなQASIMIのラストデリバリー。

早速いってみましょう!!!


qasimi

qasimi

qasimi
DJELLABA TUNIC W CUT OUT DETAIL
COLOR:
MEDIUM PINSTRIPE、LIMESTONE ROSE、NAVY
SIZE;46,48
\46,000-(TAX)→MEDIUM PINSTRIPE
\50,000-(TAX)→LIMESTONE ROSE、NAVY
-ITEM PAGE-(PINSTRIPE)
-ITEM PAGE-(LIMESTONE ROSE)
-ITEM PAGE-(NAVY)

オリエンタルな雰囲気と
しっかりとした構築的な雰囲気とを
併せ持った
プルオーバータイプのシャツ。

qasimi

qasimi

qasimi

DJELLABA(ジェラバ)は
北アフリカ、モロッコの伝統的な服の1つで
元々はシャツではなく
フードの付いた、幅広の丈の長いローブです。

夏用は綿素材、冬用はウール素材で作られ
フードは、砂漠地帯ならではの
暑い夏には太陽から、
冬には風をよけ寒さをしのぐために重宝されているそうです。

qasimi

そんなDJELLABAを
QASIMIでは
フードを削り、スタンドカラー仕様の
プルオーバータイプに変更、
トップボタンを
スナップボタン、
袖はダブルカフスの仕様にすることで
アーバンなエッセンスをプラスしています。

qasimi

また、チュニックタイプにすることで
馴染みやすい印象を加えながらも
両サイドはボタンで開閉できるような
アレンジを加え、
シャツ全体に動きが出るように仕上げています。

qasimi

デザインソースが
ローブということもあり
全体的にゆったりとしたシルエットで
ストレスレスな着心地です。

qasimi

フロント比翼の長さ、袖丈など
縦長なシルエットは
ゆったりとしていながらも

肩から生まれるダキやドレープなどの
美しさと相まって
アーバンでもローカルでもない
どこにも属さない唯一無二な雰囲気を作り出しています。

qasimi

ハイブリッドなシャツであるがために
素材も2つあります。

1つは
しっかりとした
ハリとコシ、そして光沢感のある
コットンブロード素材。

打ち込みも非常に良く
ブロードながらも
少しウェイトを感じる生地に仕上がっています。

qasimi

ブルーストライプ柄が
どことなく、アーバンな雰囲気を
イメージさせますね。

qasimi

qasimi

もう1つは
生地のドレープ感、落ち感が美しい
リヨセルとキュプラを使用した素材。

もともと光沢感があり
ドレープも綺麗に出やすい
リヨセルとキュプラを

綾織り打ち込んでいき
より、光沢感とドレープが出て
肌触りの良い贅沢な素材へ昇華させています。

qasimi

qasimi

こちらは言わずもがな
オリエンタルでエスニックなイメージですね。

どちらの素材が
良いかは好みやその時の気分もあるので
僕にはジャッジしかねますが

どちらも素晴らしい素材であることは間違いなし。

qasimi

qasimi

縫製においても
生地と生地の際を
丁寧に縫われていますし

運針もとても細かく、
このシャツの持つポテンシャルを
より高めてくれています。

qasimi

qasimi

ルックでは
肩を抜いて、どちらかというと
オリエンタルな雰囲気で合わせていましたが

トップボタン、サイドボタンなど
全てのボタンを留め
少しキリっとした
アーバンな雰囲気で着こなすもおススメです。


qasimi

qasimi
OVERSIZED SHIRT IKAT PRINT
COLOR: CORAL SAND、BLACK
SIZE;46,48
\52,000-(TAX)
-ITEM PAGE-(CORAL SAND)
-ITEM PAGE-(BLACK)

QASIMIの定番アイテムの1つ、
OVERSIZED SHIRTS。

先シーズン(19AW)から
様々なディテールがアップデートされています。

qasimi

qasimi

フロント部分は比翼仕様ではなくなり
カフス部分は
ダブルカフス仕様に変更となり

フロントから見た際に
動きのある雰囲気に。

qasimi

ドーナツボタンは
留め外しをしやすくするために
360度動くボタンに変更したのに加え

サイドステッチに沿って
両サイドのやや下側に
スラッシュポケットを配し

デザインもさることながら
機能性もグンっと上がっています。

qasimi

腰回りにステッチングされた
ブランドの「Q」マークもワンポイントとして
かなり効いています。

qasimi

肩部分からダキができ
縦にストンと落ちるシルエットは
先シーズンから変わらず綺麗です。

qasimi

全体的にゆったりとしたシルエットですが
袖丈を少し長くとることで
縦のキレイなラインが強調されます。

素材も前回と変わらず
厚手のデニム素材に、レーザープリントを施し
色褪せしない仕様は継続。

qasimi

qasimi

今回のIKAT(絣)PRINTは
都市型遊牧民と近未来の理想郷を
それぞれイメージした雰囲気に仕上げてあります。

コーラルカラー中心の
トロピカルな雰囲気のグラデーション、
ブラックカラー中心の
ソリッドなアーバンなグラデーション。

どちらも考え抜かれたグラデーションとなっており
それぞれが
コーディネートにしっかり馴染んでくれる配色です。

qasimi

qasimi

へリンボーン柄の裏地が
身頃部分のみに張られており
インナーとシャツの擦れを軽減されています。

アイテム名はシャツとなっているので
フロントボタンを全て留めて
キレイ目にスタイリングを組むこともできますし

フロントボタンを全開にして
襟を抜き、
インナーにパーカやカットソーをレイヤードして
カジュアルな雰囲気のコーディネートも
楽しんでもらえる振り幅の広い1着に仕上がっています。


いかがでしたでしょうか?

今回のデリバリーもQASIMIらしい
アーバンで構築的かつ、
オリエンタルで美しいアイテムだったので
とても粒ぞろいなラインナップだったと思います。

実はご紹介前に完売してしまったアイテムもちらほら…

このQASIMIの世界観、はまってしまうと
なかなか抜け出すのは難しそうです…

他のブランドのデリバリーの続きますので
引き続きチェックをお願いします!!!

それでは!!!


-STYLE SAMPLE-
qasimi
TOPS: QASIMI-BAND COLLAR OVERSIZE CUPRA TUNIC SHIRTS BEIGE \50,000-
BOTTOMS: BRU NA BOINNE (近日公開予定)
-BRAND PAGE-

qasimi
TOPS: QASIMI-DIGITAL PRINT DENIM OVERSIZE SHIRTS 20SS CORAL SAND \52,000-
BOTTOMS: PRASTHANA (近日公開予定)
-BRAND PAGE-