POLYPLOID 21aw DELIVERY BLOG


・廣川の話

みなさん、こんにちは!

Amanojak.廣川です。

突然ですが、
最近、いつ映画館で
映画を観ましたか~?

僕はと言いますと、
これが観たい!
という作品が見つからず、

映画館には、
なかなか足を運べてない日々が
続いており、半年近くは行けてません…

そうは言っても、
映画を観たいのは観たいので、

NETFLIXや
amazon primeなどの
サブスクで色々と
探して観ています!

アクションやラブコメ、
時にはホラー系も見たりするのですが、
今の気分は、サスペンス系。

最近観て良かったと感じたのは、
この2作品↓
  
天才ハッカー少年が所属する
ハッカー集団のサスペンスドラマ、
「ピエロがお前を嘲笑う」


名優、ロバートデニーロ、
アルパチーノ、ジョー・ペシが主演で、

50年代〜80年代に
マフィア界で活躍した
実在のヒットマンの半生を描いた
「アイリッシュマン」


テイストは異なる2作品ですが、
ストーリーの次の展開や、

序盤、中盤、
終盤にかけて複雑に変化していく
人間関係は

今だからこそ
考えさせられることが
色々とありましたね〜

ネタバレするので、
色々は書きませんが、

興味ある方は
是非、ご覧いただき、
感想を教えてくださいね!笑

みなさんも
オススメの映画がありましたら、
教えてくださいね〜

僕は雑食なので、
いろんな映画を観ますので
よろしくお願いしま~す!!!


さて、今日は
こちらのブランド!

POLYPLOID(ポリプロイド)
-BRAND PAGE-

Amanojak.では、
先シーズン(21ss)から
取り扱いがスタートしたブランド、
POLYPLOID。

1stシーズンにもかかわらず、
デリバリー後、あっという間に
アイテムがなくなるほどの
好評ぶり。

今回もその勢いはそのままに、
素敵なアイテムがデリバリー!

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

ですが、その前に
POLYPLOIDのことは、

あまり良く知らないという方も
いらっしゃると思いますので、
ますは、ブランドについて↓↓↓


・POLYPLOIDについて

POLYPLOIDはドイツ発の
ユニセックスブランドで、
2017年に創設。

ブランド名である「ポリプロイド」は
化学用語で、
「多倍数体」という意味。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

「事実はない。あるのは解釈だ。」
というコンセプトをもとに、

スタイルのベースとなるパターンを
固定したひとつのアイテムに対して、

『A』『B』『C』の
3種類の異なる素材、
色で展開するという、

1つのプロダクトに対して、
広がりと奥行きを模索する
実験的なアプローチを試みている
チャレンジングなブランドなのです。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

スタイルのベースは
トラッド、ミリタリー、ワークなど

現代の洋服の源流となっている
オーセンティックなスタイルがデザインソース。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

『A』『B』『C』の各々が
同じスタイル(シルエット)ながらも

ファブリックに変化をつけることで、
異なる雰囲気に仕上がっていたり、

アイテムによっては
Aとは全く異なるプロダクトへと
昇華させている場合も…。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

『A』では
スタイルのベースを表現。

いわゆるアイテムの根幹を創り出しているため、
洋服を作る際に用いられる「トワル」のような
白のcalicoのみを採用。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

カラー展開は無し。

『B』『C』では新たなコンセプトや感覚に
転換させる全く異なるファブリックを
世界各国からチョイス。

その中で、
Bでは同じファブリックを2色、
Cでは3色と、

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

1つのスタイルで
トータル6アイテムの展開となるのが
POLYPLOIDのスタンダード。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

他ブランドにはない
全く新しいスタイル提案。

また、
生産は日本とドイツの
2カ国で行われており、
下げ札には堂々と
どちらの国で生産されたかの
記載があります。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

デイリーにコンタクトの取れる
ヨーロッパ圏内の工場のみならまだしも、

遠く離れた日本での生産表記を
下げ札に記載できるのは、

デザイナーの
生産背景への拘りと
工場側との厚い
信頼関係があってからこそかと……

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

デザインは、
POLYPLOIDの創設者である
イゾルデ・オーギュスト・リッチリー
という女性デザイナーが担当。

デザイナー、イゾルデは
ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学にて
ファッションデザインを学び、

複数のファッションブランドで
10数年以上、デザイナーやパタンナーを経験。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

その後、
2017年、ドイツ・ベルリンにて
服やパターンの知識やデザイン、
生産プロセスなどの
経験豊富なスタッフと共に
POLYPLOIDを設立。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

男性は男性らしく、
女性は女性らしくスタイリングしてもらえる
ラインナップになっているのも
ブランドの特徴の1つですし、

各分野に精通した
熟練したスタッフがいることで、

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

デザイン、シルエット、縫製など
レベル総合的に高く、

アイテムが非常に洗練されていることも
見逃せないポイントですよ~


・Aファブリックについて

さて、今回のデリバリーに行く前に、
全スタイルに共通している
『A』のファブリックについて
紹介させてください!!!

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

これは、
ブランドの根幹となりますので、
必ずお伝えしなければなりませんので!!!


『A』 のスタイルで使われている
ファブリックは、
洋服の原型を作る「トワル」の製作時に
使用されるような素材。
(サンプルより前の段階です)

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

Aのスタイルは
B、Cへと続くベースのスタイルとなる
という意味でも、

トワルに使用されるようなファブリックが
スタートのAで、
採用されているのも納得。

ですが、
かなり斬新なアプローチですよね!?
っと、僕もブランドを知った時には
思いました~笑

しかし、
今や、これがブランドのシグネチャーですからね~

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

ドイツ国内で
生地の状態のときに
一度水洗いをし、

洗いざらいのシワを付け
アイロンを当てています。

製品の生地感に
シワ感が少し残っているのは
そのためなんですよね~

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

そうすることで
アイテムとして仕上がった際に
生地に動きが出て
独特の風合いの1着へと変化。

この一手間があるとないとでは
雰囲気は全く違うものになります!

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

長年、
業界内でデザインやパターンに携わってきた
デザイナーをはじめ、

デザインチームの
ありとあらゆる経験則から
導き出されたアイデアなんでしょうね!

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

このファブリックは
イギリス産(ヨーロッパ産)で
プロダクトの生産はドイツ。

着こんでいくうちに
肘や膝に雰囲気の良い
シワが入っていくことも
楽しみのひとつ。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

また、
一度洗いがかかっているので
自宅でのケアができるアイテムも多数。

着用・洗濯を行うことで
色味がナチュラルから(生成り)から
ホントに少しずつ色が抜けていき、

ホワイトへと変化しいく
エイジングを味わえることも
醍醐味です!!!

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

・21awシーズン


今回のデリバリーアイテムですが、
いつも通り、
粒揃いなナイスなラインナップ!

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

その中でも
僕が待ちに待っていたのは、
この、ダッフルコート。

このダッフルコートは、
デザインソースに、
十分なリスペクトを払いながらも、

ブランド独自の解釈で、
新たなフェーズへと押し上げています。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

何が新たなフェーズへと
押し上げているかというと、
まず1つ目は、ファブリック。

ズシンと重いメルトンではなく、
軽い素材をチョイス。

Aはみなさんのイメージ通り、
メルトンに比べると、
フワッと軽く、

Cもウール素材ながらも、
ライトウェイトのファブリックを
チョイスしているんです!!!

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

これで今まで以上に
気張らず、ライトにダッフルコートが
着れちゃいます!

Cのファブリックは、
ドイツのファブリックメーカー、
GEBRUEDER MEHLER社の
ローデンウール。

Amanojak.フリークの方は
もしかすると、耳にしたことがあるでは?

そう、FRANK LEDERでも
ローデンウールは
チョイスされてますよね~

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

油分を少し残した生地は
防風、撥水、耐久、保温性のほか、

表面へのバフ加工を施すことで、
柔らかな手触りと光沢感が特徴です。


そして、2つ目は
フロントにトグルだけではなく、
表地の内側にボタンを装着!

ボタンを締めれば
フロントが留まるので、

トグルがデザインの様にもなりますし、
トグルを留めれば、
防風性もUPという機能性もプラス。

なんて素敵なダッフルコートでしょう……

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-


是非、体感してもらいたい1着。

僕もオーダーしたので、
みなさん、お揃いで着用しましょう!!!笑

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

ワークウェアJKTは
Aのファブリックのみでチョイス。

JKTとシャツの
ちょうど中間のような
シルエットとデザイン。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

所謂、
使い勝手の良いトップスなのです。

手元にあると
重宝することは、
間違い無しの1着。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

ブランドでは、
21ssシーズンからの
継続しての展開アイテムで

既に店頭在庫も現状(8/24時点)、
残り1点……

気になる方は、
リアルにお急ぎを~

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

カーゴタックパンツは
AとCでのご準備。

タックによる
腰回りから、わたりにかけての
程よいゆとり、

緩~くテーパードの効いた
シルエット。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

マネできるようで
マネできない絶妙なバランス感が
POLYPLOIDならでは…

カーゴポケットもマチをつけてないので、
スッキリとした印象が◎。


Cのファブリックは、
太番手の糸を使用しながらも、
しっかりとした打ち込まれた
カツラギ生地。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

ですので、
パリッとしたハリ感と、
ほどよい光沢。

MUSTARDカラーもポイント!
この色味が、
ミリタリーでもなく、
ワークでもなく、

また新しい息吹を
このパンツに吹き込んでくれているんです。

POLYPLOID(ポリプロイド)
-ITEM PAGE-

スタイリングのアクセントから
主役にもなるナイスカラー!

こちらもお見逃しなくですよ~



さて、デリバリーはまだ終わっていません!!!
(9月にもう1発あります!)

内容としては、
ブランド設立時から
唯一毎シーズン継続して
展開されているLONG COAT。

先シーズン、
Amanojak.でも展開していた
WIDE TAPRERED PANTS。

そして、新型が2型!!!
1型は、P COAT。

もう1型は
テーラータイプのJKTから
SINGLE JKT。

この4型がデリバリー予定となっているので、
こちらも是非お楽しみに~


いかがでしたでしょうか?


今シーズンも
POLYPLOIDワールド全開の
素敵なアイテム達が勢揃い。

入荷してから間もないですが、
店頭でも既に動きが……

今回の
1stデリバリーも要チェックですが、
来月(9月)の2nd デリバリーも、

素敵なラインナップになっていますので、
マストチェックでお願いしますね!

いやー、次回の入荷も
気になり過ぎるという方は
お気軽に廣川まで
お問い合わせくださいませ!


それではまた〜!



-STYLE SAMPLE-
POLYPLOID(ポリプロイド)
TOPS:【JW ANDERSON】 ハーフアンカーロングスリーブTシャツ BLUE/ORANGE\22,000円(税込)
BOTTOMS:【POLYPLOID】 カーゴタックパンツ「C」\44,000円(税込)
-BRAND PAGE-

POLYPLOID(ポリプロイド)
OUTER:【POLYPLOID】 ダッフルコート「C」\105,600円(税込)-
BOTTOMS: 【POLYPLOID】 カーゴタックパンツ「A」 \50,600円(税込)
-BRAND PAGE-