POLYPLOID 21SS 1st DELIVERY BLOG


POLYPLOIDについて

みなさんこんにちは!
Amanojak.廣川です。

本日は21SSから取り扱う
NEW BLAND、
『POLYPLOID』
を紹介させていただきます!

POLYPLOID(ポリプロイド)

個人的に首を長くして待っていたブランド、
「POLYPLOID」。
入荷の日、お休みだったんですが
楽しみ過ぎすぎてAmanojak.に
見に来てしまいました。笑

POLYPLOIDはドイツ発の
ユニセックスブランドで、
2017年に創設されました。

ブランド名である「ポリプロイド」は
化学用語で、「多倍数体」という意味を持ち、
「事実はない。あるのは解釈だ。」
というコンセプトをもとに、
スタイルのベースとなるパターンを
固定したひとつのアイテムに対し
『A』『B』『C』の3種類の
異なる素材と色で展開するという
プロダクトに広がりや奥行きをもたらす
実験的なアプローチを試みているブランドです。

スタイルのベースは
トラッド、ミリタリー、ワークなど
オーセンティックなスタイルがデザインソース。

A、B、Cの各々が同じスタイルながらも

ファブリックに変化をつけることで、
異なる雰囲気を生み出しています。

『A』では
スタイルのベースを表現しているので
洋服を作る際に用いられる「トワル」のような
白のcalicoのみを採用。
カラー展開はありません。

『B』『C』では新たなコンセプトや感覚に
転換させる全く異なるファブリックをチョイス。

その中で、
Bでは同じファブリックを2色、
Cでは3色と、

1つのスタイルで
トータル6アイテムの展開となるのが
POLYPLOIDのスタンダードで
他ブランドにはない
新しいスタイル提案。

また、
生産は日本とドイツの2つの国で行われ、
下げ札には堂々と
どちらの国で生産されたかの記載があり、

デザイナーの
生産背景への拘りと
工場側との厚い信頼関係を垣間見ることができます。

デザインはPOLYPLOIDの創設者である
イゾルデ・オーギュスト・リッチリー
という女性デザイナーが行っています。
ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学にて
ファッションデザインを学び、
複数のファッションブランドで
10数年以上、デザイナーやパタンナーを経験。

その後
2017年、ドイツ・ベルリンにて
服やパターンの知識やデザイン、生産プロセスなどの
経験豊富なスタッフと共にPOLYPLOIDを設立。

男性は男性らしく、
女性は女性らしくスタイリングしてもらえる
ラインナップになっているのも
ブランドの特徴の1つです。

Amanojak.でいうと、

(ATHA+FRANK LEDER)÷2≒POLYPLOID「?」

ATHAのような
ジェンダレスな雰囲気がありながらも
FRANK LEDERほど
アルチザンではないという
ちょうど間のポジショニングかな……

う~ん、伝わったかな…笑

アイテムの完成度は非常に高いです!
デザイン、シルエット、縫製など
熟練のスタッフたちの総合力の高さが伺えます。


まずは全スタイルに共通している
『A』のファブリックから
紹介していきたいと思います!

『A』のファブリックについて

『A』 のスタイルで使われている
ファブリックは
洋服の原型を作る「トワル」の製作時に
使用されるような素材です。

POLYPLOID(ポリプロイド)

Aのスタイルは
B、Cへと続くベースのスタイルとなる
という意味でも、
トワルに使用されるようなファブリックが
採用されているのも納得なのですが、
かなり斬新なアプローチだなっと思っています。

ブランドの根幹、アイデンティティを
作っているというのを感じさせられます。

POLYPLOID(ポリプロイド)

ファブリックは
イギリス産のナチュラルコットン。

ナチュラルカラーのボディに
細か~く入ったネップによって
優しい印象の中に
どこか力強さを内在させています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

ドイツ国内で
製品にする前の生地の状態のときに
一度水洗いをし、
洗いざらいのシワを付け
アイロンを当てています。

そうすることで
アイテムとして仕上がった際に
生地に動きが出て
独特の風合いの1着へと変化します。

この一手間があるとないとでは
雰囲気は全く違うものになります!

POLYPLOID(ポリプロイド)

この辺りは
長年、デザインやパターンに携わってきた
デザイナーをはじめ、
デザインチームの経験則から
導き出されたアイデアなんでしょうね!

このファブリックは
イギリス産(ヨーロッパ産)で
生産はドイツ。

着こんでいくうちに
肘や膝に雰囲気の良い
シワが入っていくことも
楽しみのひとつ。

POLYPLOID(ポリプロイド)

また、
一度洗いがかかっているので
自宅でのケアもOK。

洗濯を行うことで
色味がナチュラルから(生成り)から
徐々に徐々に色が抜けていき、
ホワイトへと変化しいくので
エイジングを味わえることも
醍醐味です!!!

それではアイテムの紹介へGO~~~!

ATELIER COAT A


POLYPLOID(ポリプロイド)
ATELIER COAT A
COLOR:OFF WHITE
SIZE:2,3
\64,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-

今シーズンの新作、
ATELIER COAT。

POLYPLOID(ポリプロイド)

まさにアイテム名通り、
アトリエで作業するために作られたコート
がデザインソースとなっています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

左胸にはデザインとして
4つのホールが特徴的な
ペンシルスロットがついており、

POLYPLOID(ポリプロイド)

パッチポケットはスクウェア型ではなく
大きめのスラッシュ型に作られ、
モノの出し入れがしやすい仕様となっています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

また、袖を捲るための
ストラップとボタンも付属しています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

ストラップは引っ張るとのび、
そでにくしゅくしゅっと
ギャザーが寄る仕様となっています。
ボタンは縦に2つ付け、
袖の長さを
調整することのできる仕様に。

POLYPLOID(ポリプロイド)

まさに、
これぞアトリエコート!!!
と、言わんばかりの
機能的なディテールワークですね!

食事をするときや、
事務所で掃除をするとき、
暑いときなど
袖をまくるシーンで
落ちてきてうざったくならない
日常生活でも活躍する仕様。

POLYPLOID(ポリプロイド)

スタイリングのアクセントとしても
十分に役割を果たしてくれるため、
デザイン性も兼ね備えた一着です!

アトリエコートは襟が付いていて、
ボタンもフロントに出ているのが
スタンダードですが

あえて、ノーカラーで
フライフロントにすることで
軽さを出し、

アクセントとなる
コートのディテールを邪魔せずに
全体のバランスをうまく取っています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

また、
Aラインシルエットと
肩から裾にかけて生まれるダキが
わざとらしさが無く
ナチュラルに表現されているのも素敵です。

POLYPLOID(ポリプロイド)

あえて身幅を広くし、
袖丈は少し長くすることで
全体のシルエットを整えつつ、
ノンストレスな着心地の
パターンとなっています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

ニットやパーカから
Tシャツやシャツまで
幅広くレイヤードが楽しめるのも
見逃せないポイントですね!


LONG COAT B

POLYPLOID(ポリプロイド)
LONG COAT B
COLOR:BLACK
SIZE:2
\92,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-

ブランドのファーストシーズンから
展開している定番アイテムで
毎シーズンリリースされている、
LONG COAT。

POLYPLOID(ポリプロイド)

ブランドの大定番が故に
もしかすると、
ご存知の方もいらっしゃるかと……

『A』 タイプの入荷もあったんですが、
その人気ゆえにみなさまにご紹介する前に
完売してしまいました…

いわゆる
コートの中では普遍的なアイテムとされる、
ステンカラーコート。

POLYPLOID(ポリプロイド)

このコートも一見すると、
スタンダードなステンカラーコートですが

存在感が、他ブランドとは
違いませんか?

まずはシルエット。

たっぷりと取れられた
生地から表現されるリュクスな空気感と
裾にかけて綺麗に広がる
上品なAラインシルエット。

POLYPLOID(ポリプロイド)

それに合わせて、アームは
贅沢な1枚袖のラグランスリーブを採用。
ボディと同じように
たっぷりと生地を取り、
袖先にかけてほとんどの絞りの無い
ボールドなスタイルに。

POLYPLOID(ポリプロイド)

襟のジグザグステッチ、
襟の土台部分の横に走る数本ステッチは

台襟が無いながらも
襟を立てた時に
非常にキレイな立ち具合をサポートしてくれますし

チンストラップを使わない時は
襟の裏に隠しておくことのできる
親切設計。

POLYPLOID(ポリプロイド)

また、フライフロントが
シンプルかつミニマルな雰囲気を
演出しています。

この緻密に計算されたシルエットと
それに付随するディテールワークの妙が

存在感がありながらも
ジェンダレスな雰囲気で
多くの方に愛される理由だと思います。

POLYPLOID(ポリプロイド)

ファブリックは
ATELIER COATとは真逆な
ヘビーウエイトなファブリックをチョイス。

POLYPLOID(ポリプロイド)

上質なリネンを日本で
丁寧に高密度に織りあげた
チノクロスファブリックは

光沢感と
ヘビーウエイトリネン特有の
ブリッとした素材感が特徴で

着こんでいくほどに、
シワが入り、
徐々に生地も柔らかくなり
エイジングも楽しんで頂けます!

POLYPLOID(ポリプロイド)

生産もドイツではなく、
日本で行っています。

他のブランドでこの手のリネンのアイテムは
いくつか持っているのですが
ブリッとしたあの素材感は

他の素材では代替できない
唯一無二の存在だと思います。

POLYPLOID(ポリプロイド)

ヘビーウエイトで
張りのある生地のため、
縦にズドンと落ちながらも
動くたびにゆれるファブリックの雰囲気が
僕大好きなんですよね…笑

POLYPLOID(ポリプロイド)

ボールドなロングコートの
シルエットとファブリックの素材感が相まって
存在感のあるコートに仕上げながらも

ユニセックスで着用できる
バランスが保たれているのは
トップレベルのプロの集団だからこそ
成せる業です。


本日の最後はこちら~

VEST A/B


POLYPLOID(ポリプロイド)
VEST A
COLOR: OFF WHITE
SIZE:2,3
\39,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-

POLYPLOID(ポリプロイド)
VEST B
COLOR:MIX
SIZE:3
\48,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-

今シーズンのVESTは
19AWシーズンで初登場したVESTと
同様のVESTを再リリース。

POLYPLOID(ポリプロイド)

POLYPLOID(ポリプロイド)

ミリタリーベストを
リソースとしているため
ミリタリーライクな匂いは残しつつ、

袋縫いにより
ステッチングを表に出さない
ミニマルなスタイルを体現し

空気感のあるゆったりとした
シルエットに仕上げることで

アーバンに取り入れられる
ベストへと昇華されています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

アーバンな雰囲気に仕上がっているのは
色々とポイントがあるので
順に説明させていただきますね!
まずは肩から脇にかけて。

POLYPLOID(ポリプロイド)

シルエットに合わせ、
肩幅、生地分量とも広く取り、

脇にかけてのカマ部分も
厚手のニットやローゲージのニットなどを
スタイリングできるほど
広く設定してあります。

POLYPLOID(ポリプロイド)

また、
両サイドに調整ができるように
ボタンを二列で配置することで
シルエットの可変性、
サイズ感の調整が行える仕様となっています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

フロント両サイドにスラッシュポケットが
あるのに加え

バックには
Barbourなどのハンティングジャケットに
搭載されているゲームポケットがついています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

使う使わないは別として
洋服好きの心をくすぐるディテールですね…

POLYPLOID(ポリプロイド)

デザインとしてだけではなく、
ポケットとしての
収納力もあるので

荷物が少ない方であれば
このポケットを使えば
手ぶらで全然お出掛けできちゃいますよ~

POLYPLOID(ポリプロイド)

余裕のあるシルエットという事で
アウター気味のスタイリングを
イメージされる方も多いかもしれませんが

ゆったりめのコートや
ブルゾンのインナーに
イージーにレイヤードできます!

POLYPLOID(ポリプロイド)

深すぎないVネックは
クルーネック、タートルネック、
レギュラーカラーなど
幅広く取り入れられますし

裾のカッティングは
ベストに多く見られる
スクウェアタイプではなく

シャツの様なラウンドタイプのため、
フロントよりも
バックの丈を長くすることで
メリハリがつき

スタンダードなベストに比べると
レイヤリングの幅がグッと広がるのが
お分かりいただけるかと思います。

BスタイルのVESTは
LONG COATと同じく、
上質なリネンを
日本で丁寧に高密度に織りあげた
チノクロスファブリックをチョイス。
生産も日本で行われています。

POLYPLOID(ポリプロイド)

度詰めの光沢感のあるリネンを
VESTにすると、コートに比べ、
ピンポイントのアイテムになるので

POLYPLOID(ポリプロイド)

スタイリングを引き締め、
スタイリングをグッと格上げしてくれます。

POLYPLOID(ポリプロイド)

オールブラックコーディネートの
差しアイテムとして取り入れても素敵ですし、

POLYPLOID(ポリプロイド)

個人的にはペールトーンの
レイヤードスタイルに

インナーベストして取り入れてもらうと
とっても良い働きをするんじゃないかと思ってます。

POLYPLOID(ポリプロイド)

メイントップスでももちろん
かっこいいのですが

インナーの方が
より存在感を示してくれそうな気がします。

POLYPLOID(ポリプロイド)

えーーと、
僕も買っちゃいました。

Aスタイルの方を…

すでに着まくっていているので
このベストの使い勝手の良さを
肌感覚で実感している最中です。

メイントップス、レイヤードなど
どの役割も今の気分でこなしてくれるので
ホントに重宝しています。

そして、
実はDEALDAのベストも買っているので
今シーズンはベスト祭りな予感です。

すでに予感ではない気もしますが、
みなさん、僕と一緒にいかがでしょうか?


いかがでしたか?

POLYPLOIDの世界観が
少しでも伝わりましたでしょうか?

パワーのある
粒ぞろいなアイテムたちですが

反対に
スタイルを選ばずに
取り入れられる汎用性が高いのも事実。

男女や年齢関係なく、
サラリとPOLYPLOIDのアイテムを
普段のスタイリングに取り入れてもらいたいですね~


それではまた!!!


-STYLE SAMPLE-
POLYPLOID(ポリプロイド)
OUTER:POLYPLOID-ATELIER COAT 「A」 OFF WHITE\64,000-
TOPS:EQUIPMENT-"ARCHIVE COLLECTION"BLACK&BEIGE STRIPE SHIRTS\46,000-
BOTTOMS:MM6-SWEAT DOCKING SLACKS \58,000-
-BLAND PAGE-

POLYPLOID(ポリプロイド)
VEST:POLYPLOID- VEST 「B」 BLACK\48,000-
SHIRTS:TOGA VIRILIS-INNER PRINT SHIRTS\39,000-
BOTTOMS:TOGA VIRILIS-INNER PRINT PANTS \38,000-
-BLAND PAGE-