JOHN ELLIOTT 20AW 1st DELIVERY

こんにちは!
Amanojak.小山です。

7月も後半戦に入り、
怒涛の入荷ラッシュ!!

展示会も回りながら、
入荷もありでなので、

なんだかスゴく忙しい笑笑

まあでも毎シーズン、
立ち上がりの時期は
やっぱりテンション上がります(^^)

あーこれやっぱりいいだとか、
今になってコレが好きだとか、

展示会も楽しいですが、
実際に入荷してきた瞬間は
なおさら心が踊ります!

20awシーズン、
まだまだこれからが
入荷本番ではありますが、

人気のアイテムは、
動きも早いので、

先手必勝で!

ビビッときたものがあれば、
是非ゲットしてください(^^)
今日も新商品を
ご紹介していきたいと思います!

本日は、コチラを。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)は、
その名の通り、
デザイナー、ジョン・エリオットが
2012年に立ち上げた、
アメリカ、LAのデザイナーズブランド。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

幼少期に描いた
靴のデザイン画が、
NIKE(ナイキ)に見出され、

若くして、
実力派デザイナーとしての
存在を広く認知された、
業界きってのエリート。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

満を持して、
2012年にデビューした
自身のブランドも、

瞬く間に、
本国で人気に火がつき、

現在は、アメリカはもちろん、
アジア、ヨーロッパなど、
世界的に取り扱われる
メジャーブランドとなっています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

僕自身としても、
すごく好きなブランドの一つで、
4〜5年前から
ジョンエリオットを愛用していますが、

普遍的なジーンズ、
フーディ、MA-1など。

古き良き、
アメリカンカジュアル的な
オーセンティックをベースにしながらも、

どこかモードで、
アーバンな雰囲気、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

近年の先進的な、
力強いアメリカのモダニズムを感じる

“現代のアメリカンデザイナーズ”たるムードが
その魅力の大きな部分かなと思います(^^)

一見、シンプルに思えるようなアイテムも、
スタイリッシュで、
ものすごくカッコイイんですよね!

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

デザインやパターン、
カッティングなどに特に強さを持つ、
ヨーロッパのデザイナーズに対して、

しのごの言わず、
シンプルにカッコイイという
直球なスタイルが素晴らしいブランドです!

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

そんなJOHN ELLIOTTから、
20awシーズンの立ち上がり
1発目のデリバリー(^^)

初回の今回は、
間違いないラインナップが
到着しています。


ご紹介していきたいと思います!

まずは、
定番的アイテムのリストックから(^^)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)
JOHN ELLIOTT-
“HOODED VILLAN”
Color. BLACK / CARBON / PLUM(new!!)
Size. M / L
¥30,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-(BLACK)
-ITEM PAGE-(CARBON)
-ITEM PAGE-(PLUM)

ジョンエリオットと言えば、
という代名詞的なアイテムとして、
認識されている方も多いでしょう、

定番プルオーバーパーカの
HOODED VILLAN。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

一枚で着てもサマになり、
レイヤードスタイルにも
収まりの良いフーディで、

デザインとしては、
サイドにアイコニックな、
ジップを採用しているところが
最大の特長となっています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

厚過ぎず、薄過ぎずの
中肉厚のスウェット地は、

柔らかさがありながらも
コシのある
フレンチテリーを採用しており、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

インナーとしても、
アウターに干渉しない着心地を確保しながら、

立体的なフードの立ち上がりを
実現しております。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

これにより、
厚みがそれほどないにも関わらず、
1枚で着てもバッチリきまる、
シルエットに仕上がってるんですよね(^^)

サイドに備えた
象徴的なジップには、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

イタリアの高級ファスナー、
RIRI社の丹念に磨き上げられた
シルバージップを使用。

プルオーバースタイルへの
着やすさ向上のアプローチだけでなく、
デザインとしての、
ジップディテールとなっています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

RIRIのジップは、
本当に綺麗で、
アイテム自体のクオリティを
かなり底上げできていて、

ラグジュアリーなムードを
作り上げています。

さらに、
パーカーではお馴染みの、
フロントのカンガルーポケットも
このジップディテールを生かして、
内側に移設しており、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ジップを開けて、
中からアクセスできるようにしています。

これにより、
フロントのデザインを
ミニマルに整えることに成功しており、

ジップディテールの意義を高め、
デザインとしても、
より存在感が際立っています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

1枚で着る時には、
ポケットは必要不可欠だし、
この仕掛けはなかなか
グッドアイデアですよね(^^)

毎シーズン、
カラバリを変えながら、
リリースされている本作ですが、

今期は、
欠品が続いていた、
CARBON/BLACKに加え、

新色のPLUMがラインナップしています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ダスティーピンクのような、
絶妙にモード感漂う色合いで、

こちらも非常にオススメです(^^)

サイズ感は、
ジャストめになりますので、

ゆったりめに着たい方は、
Lサイズがオススメ!

着丈、袖丈は、やや長めなので、
ジャストで着たい方は、
基本的に皆さまMでいけちゃうかな。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

僕もですが、
スタッフ着用率も高い、
名作フーディですので、

パーカーをご思案中の方は、
是非!
かなり良いですよ(^^)


JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)
JOHN ELLIOTT-
“THE CASTⅡ”
SKINNY JEANS
Color. RAW INDIGO / RAW GRAPHITE
Size.W 28 / 29 / 30 / 31
¥33,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-(RAW INDIGO)
-ITEM PAGE-(RAW GRAPHITE)

こちらもジョンエリオットを
代表するボトムス。

THE CASTⅡという、
スキニーフィットのジーンズです。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

デザイナーのジョン自身も、
デイリーに愛用していることでも知られる
アイテムで、
表面感の綺麗な、
リジッドデニムの生地感と、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

とにかく美しい、
抜群のシルエットバランスが
最高の1本です。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

マテリアルには、
世界的なデニムの名産地として知られる
岡山県で生産された、

高密度シャトルデニムを使用。

日本のデニム生地でありながら、
あえてヴィンテージのようにはせす、

度詰で均整な表面感を
作り上げた高品質デニムとなっています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

また、
僅かにポリウレタンを混合している為、
履き心地にもストレスがなく、
ごわつきのないデニムを完成しています。

シルエットは、
ややローライズの股上に、
細身のシルエット、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

所謂、スキニージーンズの
お約束的な、
ピタッとしたシルエットには
なるのですが、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ヒップを僅かに大きく取り、
裾幅もタイトにし過ぎないことで、

嫌なパツパツ感は出ず、
比較的どなたでも
スタイリッシュに履きやすい、
バランスに仕上がっています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

裾幅に少しゆとりを持たせたことにより、
若干の抜け感が出るので、
クッションをつけて穿いても
すごく良いシルエットが出ます(^^)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

これも僕はよく穿いてますが、
やはり、スキニーは1本持っておいて
損はないなと思える、
抜群の使いやすさ!

そして美しいシルエットが
クセになり、
これ以外のスキニーには、
なかなか手が伸びなくなります笑

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

シンプルだけど、
カッコイイ、ジョンらしい
素晴らしいジーンズです。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

今期は、
INDIGOのリストックに加え、
GRAPHITE(GRAY)がラインナップしています。

こちらも無機質なムードが
良いカラーリングです!

是非どうぞ(^^)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)


そしてここからは、
シーズナルピース。



JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)
JOHN ELLIOTT-
THUMPER JACKET TYPE Ⅲ
HAND PAINT DENIM
Color.GRAY
Size. M
¥55,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-

日本製の高品質ホワイトデニムに、
顔料インクをハンドペイントで
グレイッシュに仕上げた
アルチザンなアプローチが光る
デニムジャケット。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ボクシーなシルエット、
ヴィンテージのGジャンに準じた
ディテールワークを取り、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

普遍的でベーシックな
スタイルを維持しながらも、

グレーの顔料ペイント、
さらにランダムにペンキを飛ばし、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

オーセンティックなデニムジャケットを
都会的でモダンなガーメントへ、
アップデートしています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

デニムジャケットって、
結構やり尽くされた感があって、
なかなか新鮮味を感じることが
ないのですが、

これは他と一線を画す、
ムードに仕上がってると思います!

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

あると間違いなく
着回ししやすいGジャンですが、

意外とグッとくるものに
出会えてない方も多いと思います。

Tシャツや、シャツの上から
バサっと羽織ってしまえばOKだし、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

冬にコートのインナーにしても、
すごく雰囲気良いと思います!

とにかく
羽織ってみると
かなりカッコいいので、

一度トライして見てほしい!

是非(^^)



JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)
JOHN ELLIOTT-
“THE DAZE”
HAND PAINT DENIM
Color.GRAY
Size.W 29 / 30
¥45,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-

こちらも上記の
ハンドペイントデニムを使った
レギュラーフィットジーンズ。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

シルエット的には、
THE DAZEという、
ジョンでは定番の、
レギュラーストレートなのですが、
このハンドペイントを施すと、
本当に印象が変わりますよね。。。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ややゆとりを持たせた、
深めの股上、ワタリ。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ストレートにストンと
落としたレッグラインに、

存在感のあるペイントが加わり、
迫力抜群の1本に仕上がっています(^^)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ホワイトジーンズとも、
グレーデニムとも異なる
独特なカラーリングは、

手持ちのボトムスとは
きっと違う立ち位置を担ってくれるし、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

スタイリングの幅も
グッと広げてくれます!

ストレートレッグ気味で
裾幅も比較的ゆとりを持たせている為、

合わせるシューズも選ばず、
見た目以上に使いやすい1本となっています。

ありきたりなデニムは
履きたくない、アマノジャクな方に
すごくオススメだし、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

うちのお店らしいセレクトの
ジーンズだと思います!

是非(^^)


JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

JOHN ELLIOTT-
BURN OUT MOCK NECK
Color. GRAY
Size. M / L
¥35,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-

ボディから裾にかけて、
焼き焦がしたような
バーンアウト加工を施した、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

PRE collectionの中でも、
一際目立っていたスウェット。

これは個人的にも、
一目惚れした1着で、

展示会に行くや否や、
コレめっちゃかっこいい!と、
自分の分もオーダーした記憶があります(^^)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

首元をやや詰まり気味に設計した、
モックネックに、

柔らかく、しなやかな
フレンチテリー生地。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

この生地の裏毛を
部分的に取り除くことで、
裾にかけてメッシュ状に、
ランダムにグラデーションさせ、
焼いた様な意匠を完成させています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

また、この加工により、
裾にかけて、生地が薄くなり、
軽さが出ているので、

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

スウェットながら、
ロンTEE感覚で、
ライトに着れる生地感に
仕上がっています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

シルエットは、
象徴的な加工を生かすべく、

生地分量をやや大きめに取り、
着丈を長めに設定。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

縦のラインをしっかりと強調することで、
デザインの迫力も高めています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

こちらも、
オーセンティックで、
タイムレスなアイテムの
スウェットをハイファッションへ
アップデートしていて、

デイリーに着られる親しみやすさを
維持しながらも、
これさえ着ちゃえば的な
パワーも持ったアイテムに昇華しています!

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ちょっと涼しい日なら、
もう着れちゃうし、

本格的な秋冬シーズンには、
インナーとしても、
バッチリ活躍してくれます(^^)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

1着持っていると、
かなり使えると思います!

是非(^^)

いかがでしたでしょうか?

ジョンのアイテムは、
ベーシックを基盤としながら、
程よいアクセント、デザインを
利かせているので、

デイリーにヘビロテしやすい安心感と
ファッションとのバランスが
秀逸ですよね(^^)

他のブランドのアイテムとの
互換性も非常に高いので、

アクの強いアイテムに、
合わせてもいいし、

逆にミニマルなスタイルの
ささやかな捻りとして、
使っても良い(^^)

たくさんお洋服をお持ちの方にも、
手持ちのお洋服が少ない方にも、
非常にオススメなブランドと
なっています!

インポートブランドながら、
値段もやや抑えめなので、

是非この機会に
トライしてみてください!

それでは(^^)



-STYLE SAMPLE-
JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット) コーディネート画像1
TOPS: JOHN ELLIOTT-"BURN OUT MOCK NECK" SWEAT SHIRTS \35,000-(+tax)
BOTTOMS: JOHN ELLIOTT-"THE DAZE”REGULAR JEANS HAND PAINTED \45,000-(+tax)
-BRAND PAGE-

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット) コーディネート画像1
TOPS: JOHN ELLIOTT-"HOODED VILLAN" SWEAT PARKA PLUM \30,000-(+tax)
BOTTOMS: JOHN ELLIOTT-"THE CAST2”SKINNY JEANS RAW GRAPHITE \33,000-(+tax)
-BRAND PAGE-