JOHN ELLIOTT 19AW LAST DELIVERY

こんばんは!
Amanojak.廣川です。

先日の小山のブログでも
書いていましたが
NEAT 20AW POP UPにお越しいただきました皆様、
ありがとうございました。

僕らもたくさんの商品、たくさんのお客様に囲まれ
楽しく接客できましたし
この機会に初めてAmanojak.にご来店頂いた方も多く
大変嬉しく思っています。

今月は他のイベントも、まだ仕込んでおりますので
お楽しみに!!!


先週末は中目黒、
週明けは新宿と珍しく北千住ではないエリアへ
久々に足を運んで友人と飲みました。

中目黒や新宿は
三軒茶屋に住んでいた時は
距離的に近いということもあり
中目黒も新宿も
リサーチだったり、買い物だったりで
何かと行く機会が多かった場所ではありますが

北千住に住むようになってからは
やはり、行く回数も減ってしまいましたよね…笑

行かないうちに、お店が増えていたり、
北千住ではあまり見かけることの無い人たちがいたりと
とても新鮮な気持ちになりました。

最近オープンしたスクランブルスクウェアや
今月下旬にオープンする予定のパルコなど
渋谷の街もガラっと変わってきているので
また、機会があれば、立ち寄りたいですね~


さて、朝晩は冷え、日中は少し暖かかったりと
狭間の季節の今日この頃。

そんな季節だからこそ
使えるアイテムがこちらのブランドからデリバリー。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

Amanojak.では
今シーズンから展開をスタートした
JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)。

JOHN ELLIOTTは、2012年に設立された、
アメリカ、カリフォルニアを拠点とするデザイナーズブランド。

デザイナーのジョン・エリオットは、
弱冠8歳にして、ナイキのデザインを認められた、
天才デザイナー。

今でも毎年のように、
ナイキとのコラボレーションアイテムがリリースされ、
世界的にも有望なデザイナーの一人として活躍しています。

ニューヨークコレクションでは、
ランウェイを発表しており
その才能は遺憾なく発揮されています。

また、昨年には、
レブロンジェームズ、ジャスティンビーバー、
カニエウェストなど
アメリカを代表するスーパースター達が出資を行い、
アメリカ全土で爆発的な人気を誇っているブランドです。


自身のバックボーンを活かした
ミリタリーテイストのアイテムや
西海岸の香りを彷彿とさせながらも
スウェット、デニムなど
しっかりと作りこまれたリアルクローズというのが
僕のブランドから感じる印象です。

そんなJOHN ELLIOTTからの
ラストデリバリーアイテムはこちら~


JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)
BOULDER POLAR VEST
COLOR:IVORY
SIZE:M,L
\66,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-

フロントの赤いストラップがアイキャッチなボアベスト。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ボディに使用されているボアは
ポリエステルの中にウールも混ぜられているため
保温性も高いうえに、毛玉にもなりにくく
肌触りもフワッと気持ちいいです。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

裏地はボア仕様ではなく
ポリエステル/ナイロンの素材が張られているため
ボアがインナーに移ってしまう心配も無い親切設計。
こういう気遣いは
コレクションでも活躍しているブランドならではかと思います。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

みなさん気になっているであろう
フロントの赤いストラップは
実は、マグネットの取り外し用のストラップ。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

ドイツのfidlock社が開発した
マグネットが搭載されたアジャスターで
赤いストラップを引かなければ、マグネットは外れないという
インダストリアルな作りになっています。

PRASTHANAのベストでもご紹介した
「ジャーマンホック」のように
こういう実用的かつ、
スタイリッシュなプロダクトは
ドイツ発のモノが多いような気がします…

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

少し話がそれましたが
このアジャスターで、フロントをホールドすることができるので
敢えて、センタージップを締めずに
インナーを見せて着ることもできますし

フロントでロックを掛けずに
そのまま垂らして着るのもありですね!

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

フロントのポケットと
バックのヨーク部分は
シープスキンの切替えになっていて

ボアベストでありながらも
全体がキリっと締まり
赤いストラップ同様にポイントになるのに加え
高級感も演出してくれています。

ちなみにバックのヨーク部分の切替えは
アメリカの某ダウンブランドも使っているディテールですね~

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)

シャツ、スウェットやジャケットなどの上に
レイヤードでもしっかりとキマリますし

ゆったりなめサイズ感ではないので
サイズ感のゆるめなコートやブルゾンなどのインナーにも
レイヤードすることのできる
懐の深い1着でもあります。

スタンダードなシルエット、
クラシックなディテールワークを取り入れながらも
インダストリアルな要素も組み込まれた
まさにハイブリッドで、アーバンなボアベスト。

気温が安定しない微妙なこの時期から
冬本番まで長く活躍してくれること間違いなしです。


19AWのデリバリーも
残り僅かですが
お見逃しの無いように、お願いしますね!

それでは!!!


-STYLE SAMPLE-
JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット) コーディネート画像1
OUTER: JOHN ELLIOTT-BOULDER POLAR VEST \66,000-(+tax)
INNER: [Milok]-THE PACK TEE "STANDARD"(2枚組) \11,000-(+tax)
BOTTOMS: NEAT-"WIDE"FOX BROTHERS WOOL BLACK*WHITE \50,000-(+tax)
-BRAND PAGE-