FRANK LEDER 19SS LAST DELIVERY

こんにちは!
Amanojak.小山です。

各ブランドの
ラインアップがかなりそろってきました!

今週末には、
NEATの19SSもすべて入りそうですし、

TONSUREもおそらく今週、
1発で全ラインナップ入ってまいります。

その他各ブランドも
デリバリーが佳境。

毎日、楽しくも忙しいです。

さて、
本日ご紹介するFRANK LEDERも
今回のデリバリーで、
19SSは完納。

ぜひ
選べるうちにぜひ見に来てください。

FRANK LEDER画像

2月からのデリバリースタートから
順調にアイテムが旅立っている

ドイツのデザイナーズブランド、
FRANK LEDER(フランクリーダー)。

今回もフランクらしい
独創的なクリエーションが
際立ったラインナップで、
素敵です。

早速、内容に参ります。


FRANK LEDER画像
FRANK LEDER画像
FRANK LEDER-CHARCOAL DYED SHIRTS
Textile: MOSAIC CHECK / MOSAIC STRIPE
Size: S / M
\48,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-(CHECK)
-ITEM PAGE-(STRIPE)

見るからにアルチザンで
非常にムード漂う
チャコールグレーのシャツ。

FRANK LEDER画像

このブランドということは、
注目するべきは、やはり生地ですね。

チャコール。

“炭“を使って染め上げた
独特で自然な色合いの生地が
目を惹きます。

FRANK LEDER画像

素材には、亜麻という、
通気性に優れながらも
柔らかく強靭なファブリックを採用した生地で

リネンの部類なのに、
粘り気が感じられ、
しっとりとした質感なのが意外です。

これもチャコールダイの影響なのでしょうか。。。

FRANK LEDER画像

テキスタイルからパーツのすべてに至るまで
炭染めが施されており、

自然な風合いながら、
威厳と迫力をもった印象となっています。

FRANK LEDER画像

FRANK LEDER画像

一見するとわかりづらいのですが、
柄のバリエーションを2つ用意しております。

どちらもチャコールダイのワントーンの為、
モザイクのようにわかりづらい
うっすらとした柄の出方なのですが、

ストライプとマイクロチェックのような
柄となっています。

FRANK LEDER画像

この柄の表情が
チャコールダイの経年変化による
色落ちで、

長年の使用に伴い
濃淡が分かれ、
もう少しわかりやすい表情になっていきます。

シャツとしては珍しい
経年変化を楽しめるクリエーション。

フランクらしいです。

FRANK LEDER画像

だから強靭で長年の使用にも耐えうる、
亜麻をつかってるのね、
と納得しました(^^)

あと、個人的には、
高めに設計された台襟、
やや開き気味の大ぶりな襟型が
気に入っています。

FRANK LEDER画像

1枚で着た時には
非常に色気を感じられる襟ですし、
レイヤードした時もしっかりと
収まりが良いのが素晴らしい設計でございます。

シンプルながら、
説得力のあるクリエーションと
デザイン、素材選び。

まさに逸品です。


FRANK LEDER画像
LUDWIG REITER×FRANK LEDER-SPLASH LOAFER
Color:NATURAL*BLUE
Size:6(24.5cm)/7(25.5㎝)/8(26.5cm)
\98,000-(+TAX)
-ITEM PAGE-

オーストリアはウィーンに拠点を持つ
王室御用達の由緒正しき
高級レザーシューズメーカー、
LUDWIG REITER(ルーディックライター)との
コラボレーションシューズ。

FRANK LEDER画像

まず、このルーディックライターを
チョイスしてくるあたりに
少々感激なのです。

FRANK LEDER画像

世界中、とりわけヨーロッパは、
イギリスのトリッカーズや、
チャーチが王室の方々に愛されるように、

オーストリアだって、かの名家、
ハプスブルグ家があるわけですよね。

FRANK LEDER画像

その王家の方々のシューズを任されていた
シューズメーカーの一つが
このLUDWIG REITER。

創業は1800年代まで遡り、
現在に至るまで、
ヨーロッパを中心に世界中の靴好きを魅了する
実力派シューズメーカーです。

FRANK LEDER画像

オーストリアって、
近代では、
戦乱にあまり巻き込まれていない国で、

文化的価値の高い建造物とかが
結構残っているらしいんですよね。(←フランクが言ってた)

それでFRANK LEDERは、
ドイツの直営店兼アトリエと
このオーストリア、ウィーンに出店しているんですよね。

だからフランクリーダーと
このLUDWIG REITERとの出会いは
半分必然だったんでしょうね!

オーストリアの風土や建造物に惹かれる
FRANK LEDERと

そのオーストリアで
長きにわたり人々から愛され続ける
LUDWIG REITER。

めっちゃ良いコラボですよね。。。

FRANK LEDER画像

いやはや能書きはここまでにして、
アイテムの話。

素材には、
Amanojak.ではお馴染みの
アメリカ、HORWEEN社が誇る

ホースフロントという、
馬の首の部分の革を使用しております。

ホーウィンと言えばコードヴァンという
イメージが強いですが、

ホーウィンは、カーフなども含め
さまざまな部分のレザーの高級素材を手掛ける
超実力派メーカーなのです。

FRANK LEDER画像

一般的には、
馬の革って分厚くて硬く、
馴染みにくいんですよね。

しかしながら、このホースフロントは
そんな馬革の中でも
最もしなやかで、キメが細かく
馴染みやすい部位なんです。

履いたらわかりますが、
ホント、馬革とは思えません。

これもホーウィンだからこその
クオリティではあるんでしょうけどね!

その柔らかく肉厚なホースフロントを
贅沢にぐるっと一枚で
覆ったフロントサイド。

FRANK LEDER画像

そしてできる限り張り出さないように
削られたコバ。

グッドイヤーウェルト製法の本格靴でありながら、

華奢でリラックスしたムードの
スリッポンに仕上がっております。

ローファーって
もともとカジュアルな意匠の靴だから
高級靴であっても、
こういうのもあるべきですよね。

FRANK LEDER画像

そこにフランクらしい
スプラッシュペイントの
デザインが入り、

アヴァンギャルドで
唯一無二の表情に。
(アトリエで一つ一つ仕上げていると思うと
愛着もひとしお。)

よりカジュアルな装いにもマッチしやすい
仕上がりとなりました。

FRANK LEDER画像

FRANK LEDER画像

春夏の装いには
マストバイのローファー。

ワイドパンツとかに合わせて
ちらっとペイントを見せたりしてたら
絶対にかっこいいし、
モテると思います(^^)


いかがでしたでしょうか。

今シーズン、
フランクリーダーとしては
最後のデリバリー。

自然と力が入ってしまいました。。。

ブログを書いていても、
FRANK LEDERのアイテムは、
正直、タイピングが止まらないです(笑)。

それだけ
伝えたいことが多すぎる
アイテムなんだと思います。

手に入れて、
何回か着てくうちに
じわじわとよりその良さがわかり、

数年たった頃には
相棒のような服になると思います。

ぜひお持ちの方もそうでない方も
ぜひトライしてほしいブランドです。

是非(^^)


それではまた明日!


-STYLE SAMPLE-
FRANK LEDER画像
TOPS: FRANK LEDER-CHARCOAL DYED SHIRTS MOSAIC CHECK \48,000-(+tax)
BOTTOMS: NEAT-"FLIGHT" DIRECTORS TROUSERS \35,000-(+tax)
SHOES: LUDWIG REITER×FRANK LEDER-SPLASH PAINT LOAFER \98,000- (+tax)
-BRAND PAGE-

FRANK LEDER-CHARCOAL DYED SHIRTS
-ITEM PAGE-(CHECK)
-ITEM PAGE-(STRIPE)

LUDWIG REITER×FRANK LEDER-SPLASH LOAFER
-ITEM PAGE-