CRAIG GREEN 21SS 1st DELIVERY

こんにちは!
Amanojak.小山です。

めちゃめちゃ寒い日があったり、
急に暖かい日が訪れたり、

気温が不安定な感じの日々が
続いていますね。。。

だけど、
気温の変化が大きくなるというのは、
それだけ、
次の季節に向かい始めてるということ!

春の到来もあと1ヶ月くらいですかね?(^^)

冬は個人的に一番好きな季節なんだけど、
(ファッションを最高に楽しめる時期だからね)

冬から春への移ろいは、
なんだかワクワクするんですよね!

春になったら、
アレを着ようとか、
お気に入りのトップス1枚で着れるなとか。

いろいろな妄想が膨らみます(^^)

店頭には、
21ssシーズンの新作も
かなり出揃ってきました!

春への妄想をより膨らませる為に、
是非色々見に来てください。

きっと新たな出会いがあるはずです!

さてもさても、
今日も新入荷のアイテム紹介!

今回はね、僕自身、
到着をものすごく楽しみにしていたブランド!

新規取り扱いスタートのこちらです!

craig green画像

CRAIG GREEN(クレイグ グリーン)は、
2012年に、
ロンドンで創業したデザイナーズブランド。

デザイナーは、
CRAIG GREEN氏。

ロンドンの名門大学、
セントマーチンズの修士課程を卒業後、
自身の名前を冠した、
CRAIG GREENをスタートさせました。

craig green画像

デビューした2012年には、
英、デザイン界の巨匠、
テレンス・コンラン氏(コンランショップ創業者)が
創設した、
その年の優れたデザインに贈られる賞、

デザイン・ミュージアムズ・
デザイナーオブザイヤーを受賞。

craig green画像

また、
2014年、2016年には、
英国ファッション協会による、
メンズウェア新人賞を受賞。

さらには、
2018年からは、
モンクレールジーニアスコレクションの
コラボレーションデザイナーとして招聘。

昨今の若手がひしめき合う、
ロンドンブランドの中でも、
超期待の筆頭株となっています。

craig green画像

そんな若手実力派ブランド、
CRAIG GREEN。

僕がこのブランドを
数年間追い続け、
買い付けにまで至ったのは、
彼らのクリエイティブかつ、心地良いデザインにある。

まず前提として、
CRAIG GREENから生まれるアイテムは、
実験的でアートフル!

そう認識している方も多いかと思います。

craig green画像

建築学的な趣を感じる、
造形美と近未来的ムード。

誰もやろうとしないようなデザインを
洋服に落とし込み、

それを成立させてしまう、
既視感の全くない新たな価値観の
アイテムに目を奪われますよね!

craig green画像

実際に、
ショーやインスタレーションを見ても、
一見、リアルクローズとは対極にいるような
スタイルを散見するのですが、

一方で、対照的に、
コットンなどのウェアラブルなマテリアルや、
デイリーに使いやすいベースデザインを
採用していることも多く、

過去のインタビュー記事でも、
CRAIG GREEN氏は、
自身について、

『同じものを買い替えながら、
繰り返し使っていきたいタイプ』と話していたりと、

意外にも、
ベーシッククロージングを
基軸とした姿勢も窺えるんですよね!

craig green画像

普遍的に長らく使い続けた物の
安心感、信頼を理解し、

ワークウェアなどを中心とした、
不変のトラディショナルを
根底から大切にする。

そんなメンズウェアの根幹を
ベースとして捉えた意匠性が

クレイググリーンの
一見奇抜なデザインを、
カジュアルウェアとして
成立させているんだと思うんですよね!

craig green画像

プロダクトデザインとしての、
アイデアやアプローチに高いレベルの
クリエーションを持ち、

名門、セントマーチンズ大学で学んだ
不変の服飾技術が高次元で調和することで、
完成された唯一無二のウェアだと
僕は思っています。

craig green画像

コレクション自体も、
ブランドの中で”CORE”と呼ばれる
比較的ベーシックなワードローブと、

ショーピースのような、
アグレッシブなデザインと
二軸で考え、製作しており、

この”CORE”が、
ブランドのまさに-核-となり、

その派生系として、
さらなる前衛的アプローチを
形にしているんですよね(^^)

craig green画像

また、
生産背景に関しても、
世界的ハイメゾンと同様の
ファクトリーで生産を行なっており、

イタリアをはじめとした、
厳選した高い技術を持った
生産背景でモノづくりを行なっています。

ウェアラブルな部分を大事にしながらも、
高いレベルのクオリティーコントロールも
抜かりなくやっているのには、
本当脱帽です。

craig green画像

実際に、着てみるとわかるのですが、
どのアイテムも、袖を通すと、
美しい仕立て、縫製、
構築的なパターンワークが素晴らしいです。

デザインだけでなく、
洋服にまつわる、
様々なファクターを見つめ、
拘り抜いたブランドで、

僕自身としては、
今期から取り扱いはじめるブランドの中でも、
一番楽しみにしていたブランドです!


さて!
まだ少し話し足りないくらいだけど、

そろそろ入荷内容に参りましょうか笑


1st deliveryは、
前述した、“CORE”として、
ブランドの象徴的な立ち位置を
担い続ける、
こちらのラインナップをご紹介(^^)


craig green画像
CRAIG GREEN-LACED SWEAT
Size / S , M
¥48,000-(+tax)
-ITEM PAGE-


craig green画像
CRAIG GREEN-LACED HOODIE
Size / S, M
¥51,000-(+tax)
-ITEM PAGE-


craig green画像
CRAIG GREEN-LACED PANTS
Size / XS , S
¥42,000-(+tax)
-ITEM PAGE-


craig green画像
CRAIG GREEN-LACED T-SHIRTS
Size / M , L
¥26,000-(+tax)
-ITEM PAGE-

※全てColorは、BLACK×CREAM

CRAIG GREENのブランドシンボルと言える、
レースアップデザインが
随所に散りばめられたシリーズ。

craig green画像

craig green画像

いわゆる靴紐のような、
コットンの平紐が
ガーメントに通されたデザインなのですが、
一見、インパクト絶大ですよね!

しかし!
着てみると意外としっくりくる。

これこそがCRAIGマジック!(^^)

craig green画像

華美な装飾ではなく、
あえて慣れ親しんだ、
コットンストリングスを採用することで、

着た時の馴染みの良さを
実現しており、

スタイルを問わず、
取り入れやすいムードとなっています!

craig green画像

craig green画像

このシリーズは、個人的に、
CRAIGのもつ、
建築的ながらどこか-退廃的-な、
複雑なスタイルを
特に具現化している代表作だと認識していて、

身体のライン沿って
流れるように垂れるストリングスは、
ハイファッションでありながら、
-脱力感-に溢れる意匠で、

既視感のない、
クレイグらしいクリエーションが
味わえながら、

力の抜けた雰囲気があって、
コーディネートに馴染みやすいのだと思っています。

craig green画像

このシリーズをベースに
派生させたようなアイテムは、
クレイグのコレクションに
数多く存在していて、

まさに-CORE-と呼ぶに
相応しいプロダクトとなっています!

craig green画像

craig green画像

もちろん、
ブランドでは定番として、
毎シーズン、アップデートしながら
リリースしているアイテムなのですが、

今期はマテリアルが
かなり秀逸なんですよね!

craig green画像

今シーズンの素材は、
コットン100%ジャージー。

お詳しい方は、
毎シーズンそうじゃね?笑
とお思いかもしれません。

お察しの通り、品質表示上は、
過去のシーズンでも多用されてきた
綿100%の素材なのですが、

今期のモノは、
質感が非常に良いのです。。。

craig green画像

ヨーロッパ原産の細番手コットン糸を
高密に編んだジャージー生地は、

ガシッとした、
高密組織ならではの、
ドライな触感がありながら、

しなやかさとコシに富み、
硬質かつ、弾力のある、
素晴らしいファブリックとなっています。

craig green画像

craig green画像

きめ細やかな編み組織は、
均整な表面を作り出し、
上質で大人なムードを生み、

同時に、
アイコニックなデザインである、
レースアップディテールを
際立たせてくれてもいます。

テクスチャー感のある
コットンロープに対して、
目の整った美しい表面感が、
素材同士のコントラストを高めているんですよね〜!

craig green画像

裏地にあたる、
裏毛の質感も申し分なく、

カリッとしたドライタッチ性が
心地良い着心地で、
高揚感さえ覚えます^_^
(LACED T-SHIRTSは、裏地もフラットです。)

craig green画像

アイキャッチで、
アイデンティティに溢れる
レースアップデザインもさることながら、

マテリアルチョイスとしても、
素晴らしいアプローチとなっていて、

クレイグらしい、
クリエーションとモノづくりが
高いレベルで調和した
アイテムとなっています。

craig green画像

craig green画像

また、
縫製、仕上げは
全てイタリアの実力派ファクトリーで行なっており、
美しい縫製面までも、見惚れる1着となっています。

craig green画像

craig green画像

シルエットのバランスは、
トップスは全体的にボクシーな作りとなっており、

2サイズ展開で買い付けております。

160cm〜170cm前後の方は、
それぞれ小さい方のサイズ。

170cm〜180cm前後の方は、
大きい方のサイズを選んで頂くのが良いかなと思います(^^)

craig green画像

craig green画像

パンツはウエストがドローコードになっている為、
XS(ウエスト70-90cm)のみの展開となっています。

craig green画像

craig green画像

裾がリブデザインになっている為、
もちろん、そのまま履いてもらうのもオススメですが、

お好みによって長ければ、
裾上げして、リブを外して履いても良いと思います。

craig green画像

craig green画像

僕は足が短いので、
裾上げして履いてるのですが、
良い意味でスウェットパンツらしさが
程よく抜けて、いい感じでした(^^)

リブパンツがあまり得意でない方や
僕のように足が短めの方は是非参考にしてみてください。

craig green画像

僕は今回、
LACED SWEATと、
LACED PANTSセットアップで購入しました!

セットアップでスタイリングすると、
レースアップのディテールが
非常に映えて、
世界観が一層際立つムードになります(^^)

craig green画像

craig green画像

これぞ、CRAIG GREEN!!
と言ったクリエーションを
全身で味わえて、

カジュアルなスウェット素材の
セットアップながら
背筋が伸びるような、高揚感に包まれます!

生地が上質で、
部屋着っぽくもならないので、
気に入って頂けた方は、
是非セットアップでトライして欲しいです(^^)

めーっちゃオススメですよー!

是非(^^)



いかがでしたでしょうか?

21ssシーズン、
ついにロンドンから
Amanojak.へ上陸した、

次世代を担う、
鬼才ブランド、CRAIG GREEN。

他にない、唯一無二のクリエーション。
抜かりない服飾技能。
世界最高水準のモノづくりが一体となった
スペシャルブランド。

とにかく、味わってほしい!

きっと新たな洋服の価値観を
感じていただけるはず(^^)

それでは!
北千住店にて実物をご用意して
お待ちしてます(^^)


-STYLE SAMPLE-
バトナー 画像
(Left)
TOPS:CRAIG GREEN-LACED SWEAT SHIRTS \¥48,000-(+tax)
BOTTOMS:CRAIG GREEN-LACED SWEAT PANTS \¥42,000-(+tax) ※裾上げサンプル
SHOES:Maison Margiela 22-CALFSKIN"TABI" BOOTS 6.5cm HEEL \¥130,000-(+tax)

(Right)
TOPS:CRAIG GREEN-LACED HOODIE \¥51,000-(+tax)
BOTTOMS:CRAIG GREEN-LACED SWEAT PANTS \¥42,000-(+tax)
SHOES:Maison Margiela 22-CALFSKIN"TABI" BOOTS 6.5cm HEEL \¥130,000-(+tax)
-BRAND PAGE-