BATONER 20AW LAST DELIVERY

こんにちは(^^)
Amanojak..小山です。

突然ですが、皆さんは、
今年になって、
何か習慣を変えたり、
思考を変えたりされましたか?

今年は、
コロナウィルスが
流行したこともあって、

自宅で過ごす時間が増えたこともあり、
新しい価値観や物の捉え方みたいなものが
生まれた方も多いのではないでしょうか?


実は僕も、
今年に入って早々。
1月のパリ出張の最終日に、
インフルエンザにかかってしまい、

15時間程度の帰りのフライトを
うなされながら帰ってきたんですよね。。。

いや、もうね、
地獄でしたよ、本当に笑

久しぶりに病魔の恐ろしさ、

健康体であることの
ありがたみを実感したわけです。笑



でも実は、
この出来事があってから、

少し自分自身の服への価値観も
変えさせられた部分がありまして。


“快適な服って素晴らしいね”ってね笑


どんなときも、楽ちんに着れたり、
着心地の良い服って、
やっぱり信頼厚いのよね。

もちろん、
ファッションを楽しむ上で、
かっちりしたウェアや、

テーラードクロージングなどは
言うまでもなく、大好きだし、

-おしゃれは我慢-だなんて
言葉もあるくらいだけど、


着ていて気持ち良かったり、
動き易かったり、
楽だったりする洋服は、
いくつか持っていて損はないわけよ笑


僕はインフルエンザにかかって、
みんなより早くそれを感じた今年でしたが、

コロナウィルスが蔓延している今、
この感覚に共感してくださる方は
増えてきているんじゃないかなって。


そんなところで、
今日のブログは、

僕がデイリーウェアとして、
毎シーズン、
なんやかんや買い足し続けている

このブランドの新作をご紹介したいと思います(^^)

バトナー 画像

BATONER(バトナー)は、
山形県寒河江市に拠点を置く、
名ニットファクトリー、
『奥山メリヤス』が手がける、
ニット専門のブランド。

もともと、
マルジェラやグッチのニット部門の
生産を担っていたほど、

技術、実績のある、
名ニット工場の奥山メリヤスが、

自社のクラフトマンシップを
もっと広めたい、
と言った形でスタートしたブランドで、

国内では、
名だたる有名セレクトショップから、
大手百貨店でも取り扱われ、

現在は、その活動の幅を
海外にまで広げている
素晴らしいニットブランドです(^^)

Amanojak.でも、
2018年の北千住店オープン時から
取り扱っていて、

すでに馴染み深い方も
多いかなと思います。


ズバリ、

バトナーの魅力は、
真摯なモノづくりの姿勢にあります。

原料の選定に始まり、
糸の撚り、編み方
そしてもちろん、デザイン。

綿密に試行錯誤を繰り返し、

BATONERの名に恥じないもの、
お客様の満足のその上を目指す姿勢が
今の人気に繋がっているかなと思ってます。


ファクトリーブランドらしい、
クラフトマンシップにプライドを持ち、

普遍的でありながら、
最高のモノを目指している
常に進化し続けているブランドです。



そんなバトナーから、
新入荷アイテムが到着!

着心地に目覚めた、
僕の心を優しくもガッチリ掴んだ、
ニットをご紹介していきたいと思います!


BATONER-
HEAVY WEIGHT CASHMERE シリーズ

バトナー 画像

バトナー 画像
V-NECK CARDIGAN ¥68,000-(+tax)
-ITEM PAGE-(BEIGE)
-ITEM PAGE-(BROWN)


バトナー 画像

バトナー 画像
KNIT PANTS ¥66,000-(+tax)
-ITEM PAGE-(BEIGE)
-ITEM PAGE-(BROWN)


バトナー 画像

バトナー 画像
MUFFLER ¥36,000-(+tax)
-ITEM PAGE-(BEIGE)
-ITEM PAGE-(BROWN)

※全て2colors (BEIGE / BROWN)


内モンゴル東側の地域で採ることができる
最高級カシミヤ、
“アラシャンカシミヤ”を贅沢に100%使用し、
編み立てたシリーズ。

バトナー 画像

バトナー 画像

まず、
アラシャンカシミヤって、
なんぞや、っていう話かと思います。笑

このアラシャンカシミヤというカシミヤは、
内モンゴルの一部地域でのみ取れる
カシミヤに付けられている名称で、

特長は、
繊維質の緻密さと細さ。
そして抜群の風合い!

バトナー 画像

カシミヤ生産が盛んな中国の中でも、
至高とされ、

毎年最高価格(1kg=2万円以上)で取り引きされている、
-キング・オブ・カシミヤ-と呼ばれるような
最高級カシミヤなのです。

バトナー 画像

そんなカシミヤの王様を
贅沢に多本撚りし、

超!度詰め

超!肉厚

に仕上げたのが、
このアラシャンカシミヤシリーズ!

バトナー 画像

その触り心地は、
まさに超!最高で、

滑らかですべすべ!

パサつきも一切なく、
しっとりとした
極上の肌触りとなっています。

バトナー 画像

コスパの良さにも定評のある
バトナーの中では、
なかなかなプライスに
感じられる方もいると思いますが、

これを海外のメゾンブランドで
作ったら、
数十万はくだらないです。。。

ある意味、
バトナーの中でも
最もコスパの良いアイテムと
言えるかと思います笑

バトナー 画像

カシミヤと聞くと、
毛玉になりやすいイメージもありますが、

繊維質が非常に繊細なのに加え、

製品にした後に、
ウォッシュ加工を施すことで、

風合いの良さ、本来のヌメ感を最大限に
引き出すとともに、
毛玉になりにくくなっています。

バトナー 画像

素材の良さにかまけることなく、
その素材を生かした加工。

さすがバトナーですね。。。

そんな素晴らしい
アラシャンカシミヤシリーズの
ラインナップですが、

バトナーとしては、
これまで、
このアラシャンカシミヤを使ったアイテムは、

クルーネックセーター1型だけでした。

バトナー 画像

バトナー 画像

もちろん、
Amanojak.でも毎年買い付けていましたが、

年々増加していく
アラシャンカシミヤファンの
期待に応えるべく、

今シーズンは新たに、
カーディガン、
パンツ、
マフラーを展開!(^^)

バトナー 画像

ご多聞に漏れず、
ファンの1人を自負する僕も

すかさず、
カーディガンとパンツをセットアップで
マイオーダー笑笑(^^)

身体に触れた、
その瞬間から、

幸せな気持ちになれる
素晴らしいアイテムです!

バトナー 画像

バトナー 画像

カーディガンは、
脱ぎ着もしやすくて、
保温性抜群のアラシャンカシミヤに
ぴったりですし、

ニットパンツは、
普段肌触りに鈍感な下半身に
最高の履き心地を与えてくれます。
ニットのストレッチ性もあるので、
本当、一番快適!
(僕の出張時の欠かせないお供になりました笑)

バトナー 画像

バトナー 画像

マフラーは、
真冬のスタイリングと防寒の
頼もしい相棒になるし、
ギフトにも100%喜ばれます!

バトナー 画像

バトナー 画像

カラーは、
カシミヤらしいムードを大切に、
ベージュとブラウンの
ナチュラルカラーをセレクトしました(^^)

どのアイテムも、
普遍的でシンプルなデザインなので、

スタイリングにも
馴染みやすいかと思います(^^)

バトナー 画像

バトナー 画像

遠くへ外出する機会は
多少なりとも減っている方が多いと思いますが、

逆に近隣で過ごす時間は
増えていると思います。

着心地の良い服、
着ていて楽な服。

着て出掛けたら、
なんだかテンションも上がります。

バトナー 画像

バトナー 画像

良いモノを長く。

月並みな表現ですが、

最もその言葉を具現化した
アイテムかと思います。

ありがたいことに、
すでに在庫があと僅か。

是非お早めにどうぞ(^^)




バトナー 画像

バトナー 画像

バトナー 画像
BATONER
AGING WOOL RAGLAN SLEEVE CREW NECK
Color. BLACK / IVORY / GREEN
Size. 2(M) / 3(L)
¥20,000-(+tax)
-ITEM PAGE-(BLACK)
-ITEM PAGE-(IVORY)
-ITEM PAGE-(GREEN)

前述のアラシャンカシミヤが
主演男優賞ならば、

こちらは見事な
助演男優賞のクルーネック。

あっちがデニーロなら、
こっちはジョー・ペシってことや!

バトナー 画像

バトナー 画像

バトナー 画像

昨年からリリースされ、
ジワジワと支持を上げてきている
隠れ人気アイテム。

バトナー独自に加工した
-エイジングウール-と呼ばれる
太番手の梳毛糸を熟成させたウールで
作り上げた
クルーネックセーター。

バトナー 画像

熟成させたウール。。。

はて?

って感じですよね笑

僕も展示会で聞いた時には
そんな反応でした笑

バトナー 画像

まず、一般的に、
ウールの原料(毛糸)って、

手芸屋で見かけるような、
毛糸のボールみたいなやつの
ボスみたいな感じで、

めっちゃ大きい毛糸玉で
納品されるんですよね。

バトナー 画像

その状態っていうのは、
毛糸同士が窮屈に纏められていて、

そのままニットにしちゃうと、

せっかく良質なウールを使っていても、
素材本来の良さが発揮しきれないんですよね。

バトナー 画像

このAGING WOOLシリーズは、
一度その毛糸玉を全て解き、

温度と湿度を徹底管理した空間で
一定期間、糸を休ませて

糸そのものが持つ、
風合いや膨らみを最大限に発揮させてから
編み立てているシリーズなんですよ。

バトナー 画像

それでそんなに変わるかい?
とその時は思ったんだけど、

これ本当すごいんです!
触ってみると全然違う!

しっとり、滑らか!

それでいて軽くて柔らかい。

バトナー 画像

見た目には、
ほんのりと光沢感が出てるくらいで、
それほど違いがわからないんだけど、

触れたとき、
袖を通した時の心地よさは
歴然としてるんですよねー!

バトナー 画像

これは本当ブログでは
どう表現しても
伝えきれないんだけど、

なんか一瞬、
ひんやり感じるくらい
保湿性があるんですよ!

バトナー 画像

お世辞抜きに、
ニットのプロ集団、
バトナーだからこそ
生み出せたニットだなって思います。

バトナー 画像

シルエットは、
程よくゆとりを持たせていますが、
それほど肉厚にしていないので、

一枚で着ても良い感じだし、
アウターやジャケットの
インナーとしても重宝します(^^)

糸の弾力もかなりあるのと、
袖付けがラグランスリーブなので、

嫌な窮屈感や、
着づらさもなく、
快適に着ていただけますよ!

バトナー 画像

バトナー 画像

バトナー 画像

僕も去年から着てますが、
今年も買い足したくて、
財布と相談中!

色違いで持っていても
本当損ないと思います。

シンプルなクルーネックって意外と
迷って後回しにしがちだけど、
これはベリーリコメンド!

めっちゃオススメです(^^)

こちらもすでに
店頭でかなりご好評いただいていて、
在庫数残りわずか。

是非お早めにね。


いかがでしたでしょうか?

着心地の良い服、
着ていて気持ちの良い服は、

作り手の拘り無くしては
生まれませんよねー!

僕の座右の銘は、

“神は細部に宿る”
God is in the detailsなんですが、

今日ご紹介した、
BATONERのアイテムは、
まさに、神は細部に宿るそのもので、

ブログを綴るタイピングも走る走る笑

展示会の情景を思い浮かべながら、
書いていて楽しかったです(^^)

丁寧にモノづくりを追求し、
細部に至るまで、
徹底的に拘り抜く。

バトナーのクラフトマンシップは
やっぱりすごいですよね!

すでにお持ちの方も
そうでない方も、
是非手に入れてみてください(^^)

それではまた(^^)


-STYLE SAMPLE-
バトナー 画像
TOPS:BATONER-HEAVY WEIGHT CASHMERE V-NECK CARDIGAN BEIGE \¥68,000-(+tax)
BOTTOMS:BATONER-HEAVY WEIGHT CASHMERE KNIT PANTS BEIGE \¥66,000-(+tax)
-BRAND PAGE-

バトナー 画像
TOPS:BATONER-AGING WOOL RAGLAN SLEEVE CREW NECK GREEN \¥20,000-(+tax)
BOTTOMS:JOHN ELLIOTT-"THE DAZE”REGULAR JEANS HAND PAINTED \¥45,000-(+tax)
-BRAND PAGE-