MAKERSのコードヴァンに迫る

こんにちは!
大津です。

早速ですが、
なぜ男性は革靴に
魅了されるのでしょうか。

オシャレは足元から。

なんて言葉も耳にするので
もちろんそれもあるとは思いますが

身嗜みという点でも
革靴は重要な役割を担っているかと思います。

僕も革靴好きの一人として
自慢ではありませんが

J.M. WESTON、EDWARD GREEN、
F.LLI GIACOMETTI、TRICKER‘S、ALDENなど

様々な種類の革靴を
ワードローブに入れてきました。

木型、素材、製法、デザインを
多種多様に試してきても

やっぱりこのブランドは
毎シーズンオーダーしてしまいます。

MAKERS画像

2009年にスタートしたMAKERS(メイカーズ)。

革靴と言えば
迷わず老舗ブランドを
思い浮かぶ方も多いとは思いますが

そこと肩を並べる程の
クオリティーを誇る日本の革靴ブランドです。

世界各国の
最高級レザーメーカーの革を使用し

日本人の足型に
精密に合わせたフィッティングで
革靴を作るブランドです。

MAKERS画像

MAKERS画像

MAKERS(メイカーズ)の中でも
非常に評価の高い「コードヴァンライン」。

コードヴァンというのは
馬の臀部と呼ばれるお尻の革を指します。

この部位は
1頭から採れる量もごく少量で

その希少性と品質の高さから
最高級の動物皮革と呼び声高いものです。

そしてこのコードヴァンを供給している
世界最大メーカーアメリカのホーウィン社。

こちらの会社が
供給するコードヴァンは

「シェルコードヴァン」
という名前で商標登録がされており

ただでさえ希少なコードヴァンの中でも
さらに希少性が高く最高品質を誇る革です。

ここではあまり触れませんが、
その代名詞のブランドでもある

老舗革靴ブランドオールデンは
耳にしたことはあるのではないでしょうか。

そのオールデンも採用している
ホーウィン社のシェルコードヴァン。

生産数がそもそも少ないので
手に入れることが困難なはず…

MAKERS(メイカーズ)は
その革を使って靴作りを行っています。

その革の使用許可を下ろされている時点で
ブランドの評価の高さは歴然ですね。

MAKERS画像

MAKERS画像

ではコードヴァンは何かというと
「コラーゲンの塊」です。

そのコラーゲン繊維が
密度高く規則的に並んでいて

それを寝かしつけることによって
他の革とは比較にならない輝きが生まれます。

僕もこのデリバリーで
MAKERS(メイカーズ)のコードヴァンを
購入してファーストケアをしましたが

さすがシェルコードヴァン。

キメの細かさや光沢感など
この革でしか生まれない
美しい表情に仕上がってくれます。

今まできちんとした革靴を
持ったことがない方はもちろん

何足か持っている方にも
自信をもってオススメできる出来栄えです!

革靴バカが言うので間違いないです。笑

是非この機会に
検討していただければと思います。

MAKERS画像

また当店では
ご購入された革靴の生涯ケアはもちろん

店頭に遊びに来られる際に
革靴を履いてきていただければ

無償で革靴のケアを行っております。

革靴好きとして
長く愛用していただけるように
お手伝いさせていただければ嬉しいです!

是非店頭でスタッフまで
お声がけください。

ではまた。