生地へフォーカス。

こんばんは。

Amanojak.廣川です。


小山のブログしかりですが

一気にアウターが必要な気温になりましたね…

昨日はある取材が店内であったため

取材が終わるまで数時間、外で待っていたのですが

昼間でもなかなか体に堪えました……

マフラーかストールでも巻いておくべきだったと後悔しています…

体調管理は抜かりなく(お前がな!って感じですよね)


さて、みなさんは洋服を選ぶ時はどこを重視されますか?

シルエット、カラー、プライスetc.と、あげれば切りがないですよね。

もちろん、僕たちも多角的な視点で洋服を選んでいます。

その中でも僕が洋服を選ぶ際は「生地」に敏感なのかな~と

個人的に思っています。

そこで今日は、僕の独断と偏見が入り混じった

この生地素敵シリーズをおおくりします!!!

コーデ1画像

コーデ1画像

CURLY-TRIM SHAGGY SWEATER
COLOR:ORANGE,BLACK
SIZE:2,3(ORANGEは3のみ)
\15,700-(+tax)
-ITEM PAGE-(ORANGE)
-ITEM PAGE-(BLACK)


シャギーセーターだ!

というのが展示会でのファーストインプレッション。

そう、シャギーセーターに間違いはないのですが

僕の知っているセーターに比べると

毛足が長く、少し軽い生地感ながらにしっかり形成されたシルエット。

コーデ1画像

コーデ1画像


ウールにアクリルとナイロンの化繊をプラスすることにより

ウールだけでは出しづらいこの雰囲気が作り出されています。

要するに、シャギーセーターの雰囲気を出しながらも

しっかりとしたフォルムを作り出しているこのセーターに僕は惹かれたということです。
化繊が入っているので

光が当たると、キラリと光るところがあるのも素敵です。

こういう実用的で現代的なアプローチをするCURLYは

毎回感心させられます。



コーデ1画像

コーデ1画像


08sircus-SOLOTEX TAPERED TROUSERS
COLOR:D.NAVY,BORDEAUX
SIZE:5
\34,000-(+tax)
-ITEM PAGE-(NAVY)
-ITEM PAGE-(BORDEAUX)


光の当たり具合で見え方が変わるポリエステル素材のパンツ。

妖艶という言葉がしっくりくる素材ですね。

コーデ1画像

コーデ1画像

うーん、エロい。

ポリエステル素材というのに加え

しっかり洗いの加工が施されていて

パッカリングやシワ感がしっかりでています。

確かに、この加工があればこその絶妙な素材に仕上がっているんだと思います。

若干のぬめり感と、メモリーのような生地感は

はいていて、不快感はほぼ無いでしょう。
(さすがに真夏はありそうですが…)

このパンツの素材感であれば

コーディネートの主役的な役割と

脇役的な役割を両方ともに果たしてくれますね~

まさにユーティリティープレイヤーです。


コーデ1画像

[Milok]-DOUBLE BREST BLOUSON
COLOR:R.GREEN
SIZE:46
\74,000-(+tax)
-ITEM PAGE-


シルエットもさることながら

素材への拘りが強い[Milok]で僕の目に止まったのは

このブルゾンの生地です。

グリーン(オリーブ)をベースに

ツイードの様な生地感に仕上がっています。

でも、ツイードライクなので、ツイードではないですし

どうしてもこういう粗野なウールベースの素材は

野暮ったく見えがちですが、

くっきり出ている綾織りと、4色の糸が織りなすハーモニーが

「おじさん」ではなく、「お洒落な大人」に格上げしてくれています。

コーデ1画像

コーデ1画像

生地がそこまで地厚ではないので

商品名にはブルゾンとありますが

インナー使いもできるアイテムになっています。

この生地(アイテム)をインナー使えるのは

カラートーンが落ちがちな秋冬には心強いこと間違いなしです。



まだまだ続けたいのですが
(毎回消化不良ぐらいがちょうどいい!と自分に言い聞かせています…)

文章の長さ的にもこのアイテムでラストです。


コーデ1画像

コーデ1画像


TONSURE-TAILORED PEACOAT
COLOR:GRAY MELANGE
SIZE:48
\98,000-(+tax)
-ITEM PAGE-

TONSURE-UNSTRUCTURED COAT with ADJUSTABLE HARNESS BELT
COLOR:R. GRAY MELANGE
SIZE:48
\108,000-(+tax)
-ITEM PAGE-


コーデ1画像

コーデ1画像

TONUSREのピーコート、チェスターコートともに

使用している生地は同じです。

まず、トラディショナルでありながら

モダンさを併せ持っている生地の表情がよいですね。

キリっとしすぎないどこか柔らかな表情も

コーディネートの幅を一気に広げてくれそうです。

インポート!!!って感じの生地ですね~

生地はやや肉厚ながらも

生地の表情と同様にフワッとしているので

よくあるメルトン素材のピーコートやチェスターコートに比べると

軽い着心地を約束してくれますし

空気を含んだ生地が体を包んでくれるので

保温性も言うことなしですね。


触り心地もとても良く

ずっと触っていたくなる生地ですので

触り過ぎには注意です!笑



いかがでしたでしょうか?


たまにこういう視点で洋服を見てみると

今までに無かった発見があったり

気づきがあったりするので、楽しいと思いますよ~


今日ご紹介した以外にも

店頭には、面白い素材や珍しい素材はたくさんありますので

いろいろとお話ししましょう!


それでは!



-STYLE SAMPLE-
コーデ1画像
OUTER:[Milok]-DOUBLE BREST BLOUSON \74,000-
TOPS:MARNI-STRIPE HOODED SHIRTS \85,000-
BOTTOMS:MARNI-EASY PANTS FLAT WOOL BEIGE \64,000-